<< #0874 | main | #0876 >>

#0875




Photo exhibition of travel mind, in the near future

アイヤルミチ          
             

アイヤルミチへの道              15


写真展の日が決まりました、といいたいところだが、まだ決まっていない。
最近は撮影仕事がぽんぽんきているので、完成されたとされる作品の構想もひと
まず寝かせてある。全部いい写真だから、寝かせても寝かさなくても、あ
んまり
変わりはないのだけれど。
今回は全ての写真がかなりグッとくるものだ。できれば全部アクリルの額に入
たりして飾ってやりたいところだが、お金の使い道に関してはここ数年とて
も慎
重なので、残念ながら今回の作品は業者とかにも頼まない、自宅プリンター
での
制作となる。よってパネルもニューノリピタくんジュニアの出番だよ。
とうとう
自分の写真展制作も、金銭的にここまで落ちぶれたわけだ(笑)。
けど会場になるだろう中野マグスでなら、たぶんそのやり方でも平気だろう。そ
のお店自体を写真額として捉えることのできる、僕にとってはかなりやり易い環
境での写真展になるのだ。

写真は今のところ、88点を選んでいる。全部いい写真なのはいいけれど、今ひ
とつ僕の旅したオキナワを表していない気もする。何が足りないかはよく分かっ
ている。それは人の写真。出会った旅人たちの写真。すれ違った人々の写真、
れを展示の要素として存分に表すか表さないかでは、見てくれる人たちの楽し

ようは違ってくるだろう。
人はどうしても人の写真が好きなのだ。僕が歩いてきた道など事実として、へー
で終わりかねないかもしれないのだ、ほんとに。

僕のアイヤルミチは頭の中では完成した。だから9月中に僕はもうひとつ別の沖
縄作品、アイヤルビトでも作ろうと思う。それができたら、僕の描くアイヤルミ
はまた違う作品になって、その時初めて、展示への確実なゴーサインが僕の中
生まれてくる気がするなあ。
でもこの調子だとアイヤルイン(犬)とかアイヤルマヤー(猫)も作らなきゃい
けないかもしれないね。回り道しながらも、必要な場所に必ず辿り着けるだけの
自信とその楽しみ方。これは最近になって、ようやく得たことかもしれない。



#0875-04-11 /  Dog San running around

at 00:45, yusukesato, Ay

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。