<< #3253-0309 フローレス | main | #3255-0313 トゥルム >>

#3254-0312 ピステ / チチェン / トゥルム






とうとうカリブ海の側までやってきました。欧米人に大人気のトゥルムに参上したところです。再びメキシコに来てタコスやらがうまいです。今日はマグロやらエビタコスを様々なソースで楽しみました。

この3日のうちのメキシコ初日、ゆっこの提案により相当な足早移動をしました。
グアテマラのフローレスから乗り合いバスと小舟でメキシコ国境を越え、タクシーまたミニバスで9時間の移動。
着いたパレンケにて汗だくになりながら夕方の遺跡を見て、すぐ夜行バスでメリダの町に明け方到着。さらにすぐバスを乗り換え、小さなピステの町でようやくゆっくり休めました。

このメキシコ6日間はどうも僕ではうまく計画できなかったのですが、ここにきてゆっこがカンクンの朝一番乗りセノーテ見たさから、激しくもこなしたらゆったりよい時間を過ごせるよい企画を編み出してくれました。ピステも今いるトゥルムも滞在するなんて思いもしなかった場所ですが、よい宿にもすんなり巡りあい、僕はただうんうん言いながら流されるまま流れ、心地良い新鮮な風を感じております。

一昨日は自然の芸術とも言えるセノーテの泉を。今日は人によってはメキシコ観光のハイライト、チチェン・イツァーに行きました。メリダやカンクンから観光バスやらで行くような場所ですが、我々はピステの町から2匹の犬と一緒に歩いて向かいました。ゆっこが2匹にいい名前つけたよ、あててみて。
チチェンとイツァーでしょ、はい正解。

今までの遺跡やパレンケの方が素晴らし過ぎたので、僕は終始ふーんという感じ。かつては生贄感満載だった怪しい都市もこうも観光化されるとただのテーマ・パークみたいな印象しか受けません。チチェン近くの小さな町、ピステでのんびりできたことの方がよかったです。子供たちも犬も猫も良くて沖縄の島にいるみたいな感じでした。

ここトゥルムも海が近づいただけあり、やはり人々も陽気で素晴らしい雰囲気です。ほんとはこういう場所で何日も過ごすのが正しいやり方でしょう。
なんとも楽しみな展開になってきたところですが、もう3日後にはキューバに飛ばなければなりません。明日はまた違うグラン・セノーテを見て(泳いで潜って水中カメラでなんぼの場所ですが、見るだけ)我々は水着なんて持っていないのですが、恒例の下着でスイムを海の方で楽しもうと思います!うおー海だー!

南米旅もそうでしたが、旅も後半になると、必ずみゃちみたいな猫に出会うみたいです。かわいかったなあ…(ひどいぜ、父ちゃん!)





#0312 / Cena / Posada Olalde

at 23:18, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://photolog.yusuke-sato.com/trackback/3090