<< #3243-0226 パナ / サン・ペドロ・ラ・ラグーナ | main | #3245-0228 サン・ペドロ / サンティアゴ・アティトラン / サンルーカス・トリマン / パナ >>

#3244-0227 サン・ペドロ / サン・フアン・ラ・ラグーナ






アティトラン湖周辺の集落めぐり、今日はたぶん密かに蓄積されてきたような疲れを抜きたく、朝にゆったりカフェコーヒーとタバコ、のんびりお隣の集落、サン・フアン・ラ・ラグーナまで散歩しました。

思えばオアハカからサンクリ、ウエウエ、パナ、狭い道路に人も車もバイクもトゥクトゥクも犬も溢れ、歩きにくい石畳の道を日がな歩いてきたので、今日の田舎道散歩は必要だったなあと思います。
こじんまりとした集落の雰囲気も素晴らしく、とにかく穏やかな人たちばかりで、とてもリラックスできました。
そして今まで見れなかったような、この集落ならではの自然染めの優しい色合いの民芸品がたくさんあって、ゆっこだけでなく僕の中古アンテナもぴぴっと反応しました。

毎日飲まなきゃ気が済まないコーヒーは湖にきてようやく飲み始めています。でも日々自分が飲むコーヒーを越すものはたぶん現れそうにありません。疲れてると甘いラテ系が美味しいです。でもスリーエフのグアテマラ珈琲をここでみんなに飲んでもらったら、こちらの人はびっくりするかもしれませんね。

今日は戸越民宿三銃士の珈琲職人のために、煎る前の茶色じゃない豆を1キロ弱購入しました。山岳地帯のサンティアゴ・チマルテナンゴでも煎る前の豆の前の豆をかなりぼそぼその状態で少し買っていたのですが、今日買ったやつが良さそうですね。まだまだ見つけたら買ってお土産で渡してみようと思います。これは郵送では怪しまれそうなのでもちろん手荷物で。

今日はふたりで牛の歩みで自然に溶け込む中、じわじわ余計な成分が放出している感じがわかりました。サン・ペドロに戻ってお互いちゃんと駄目押しのシエスタもしたので、明日以降、日記なんて書く気力も残さずに、またずんずんと進もうと思います。

明日の日曜は、先住民的な大きな町、サンティアゴ・アティトランの市、ゆっこお気に入り刺繍の衣装の村、サン・ルーカス・トリマンに参上します。宿は良さげなとこが調べてもなく、軽い荷物ならではの判断も楽しめそうです。





#0227 / Brahva extra / Cafe de San Juan

at 18:41, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://photolog.yusuke-sato.com/trackback/3080