<< #3239-0222 ウエウエテナンゴ / パナハッチェル | main | #3241-0224 パナ / サンタ・カタリーナ・パロポ / サン・アントニオ・パロポ >>

#3240-0223 パナハッチェル






パナハッチェルありんこ大行進の安宿からブエナス・ノーチェス!

今日火曜日は、パナハッチェル消防署前でマヤの古着市がたつ日でした。我々は朝9時の開始前からスタンバイ、刺繍の山々に戸惑いながら眼をならし、他のお客さんも多くない中でゆっくり品定めできました。足の踏み場もないなあと思っていたら、商品の上を歩いてもノ・プロブレマ。パセ。アデランテ。

ゆっこの鷹だか鳶のような眼はセニョーラ・フランシスカの出店に向けられ、彼女との勝負と相成りました。もちろん超まとめ買いによる大幅デスクエント作戦です。

目星をつけたウィピルやポーチ、次々と積み重なりました。ゴング鳴りわずかな時間だったように思います。これが女性の買い付けようとする集中力だなあと感嘆しました。最初に持ってきた700ケツァール(1万円以上)では足りず、銀行でケツァール最大額をキャッシング、すぐ戻ると言いつつも、宿に戻りうんちをしたりのんびり昼ごはんを食べ、終盤まで顔を出さずにフランシスカを焦らせてみたり。我々が戻った時の彼女のほっとした表情、人間臭い感じがとてもよかったなあ。それはそうです。家族の生活がかかっています。

そして我が彼女も、買いもかったり、買うこととみつけたり。計算機たたくのはやいはやいはやい。
対フランシスカは終盤にはとても友好的な関係となっており(これだけ眼を輝かせながら長時間みていればね)、お互い納得のいく数字で成立しました。最後にはあなたの好きなものをひとつ贈るわみたいになり、なんだったんだ朝9時から14時までのこの闘いは、と私なんかは思いました。フランシスカの家族は今日は間違いなく朝まで宴会をやっていることでしょう。

闘い終えたゆっこは夕方以降は魂が抜けた感じです。今日は身体でなく頭を使って、いつもあんなに食べるのに、今夜はお腹が空いてるのかよくわからないとまで言いました。

大観光地パナハッチェルでまさかこんなに買うことになるとは思いもしませんでした。すべて手仕事で高価なものをそれほどの古着感もなく購入、また求めやすい小ポーチなども68個迷わずに。あれなんか突然プロっぽくなってませんか!?
でも今日の僕は、ある意味世界文化遺産的なやりとりを近くで堪能することができて、つきあってやってるよーみたいな意識もなく楽しめました。やったなあ、そのひとことに尽きます。





#0223 / Artesania vieja de Maya / Versus. Francisca

at 21:45, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://photolog.yusuke-sato.com/trackback/3076