<< #3233-0210 グアナ / シティー / プエブラ | main | #3235-0212 プエブラ / オアハカ >>

#3234-0211 チョルーラ / プエブラ






今夜もプエブラ歴史地区よりブエナス・ノーチェス!

とても気持ちのよい朝、シエテ・オンセ(セブンイレブン)でモカ・ラテを飲み、近郊のチョルーラへバスでガタンがたんと出掛けました。

かつての大神殿の丘の上に美しい教会が建てられたメキシコならではの遺跡があり、丘からの眺めも素晴らしく、メキシコで2番目に高いポポカテペトル山(5800m〜)も綺麗に見えました。ここまで過ごした場所は2000m以上なので富士山くらいに見えるのですが。

シティーのタコス天国、グアナファトのシエスタ天国、プエブラとチョルーラでは教会天国、という展開です。プエブラのサント・ドミンゴ教会のロサリオ礼拝堂の金箔バロック装飾は、もう腰が砕けそうになりました。なんども十字を切っていたら、ゆっこに形だけならやらないの、ともっともな指導を受けました。今日だけで教会10件(?)は入場したと思います。厳かな場所にくると、まわりにいる人たちの手がなにをしているかを思わず観察してしまいます。僕は両手にカメラを持って強く握るクセがあるみたいです。

グアナファトでは控えめにしていたゆっこの土産屋、民芸品市場漁りも復活し、またしても歩きに歩いた1日でした。それにしてもここまで、ほんとによく食べてます。東京での生活とは真逆、その分運動しているんですかね。

さっき、この旅が以前の南米旅だったら今どのあたりにいるかなあ、という話をしていたら、まだまったくの序章にいるということが実感できました。景色はもう見慣れたもので、あの町とあの町合わせたらこんな感じだな、みたいな計算もできるようになります。その中でなにを見つめるようになれるか、この先は少しそんなことを意識してみようかなと思います。

明日はプエブラからさらに南東の方向へバスで5時間ほど、たぶん僕らにとってのメキシコ、オアハカに向かいます。ゆっこはまさに買いもの天国、持参したドルはもうほとんどありませんが、得意のキャッシング天国とあいなります。アーメン…





#0211 / Cholula / Capilla de Rosario

at 22:36, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://photolog.yusuke-sato.com/trackback/3070