<< #0268 | main | #0270 >>

#0269

 




Diary 08-0731 


もうすぐ僕のホームページができあがる。想像していた世界に、少しだけ近づ
くことができるんだ。

彼女に出会うことができて、本当によかった。

まず妊婦であるというのに、かなり無理をさせてきた僕がいる。けど彼女はな
んてことはない、という涼しい姿勢で無理を聞いてくれた。

今の僕がかろうじて保っているのは、僕みたいな人間を昔から知ってくれた人
たちが、今もこうして、何かの形で力を貸してくれるからだ。
学生の頃、これは場外ホームランだ、とあなたが感じてくれた僕の写真、今も
ちゃんとフェンスを越えていてくれるのかな?

あたらしい生命、その誕生の直前まで彼女はこのホームページの制作をとこと
ん頑張ってくれた。
そして、産まれてくる彼女の方も、僕の写真をわかって産まれてくれるんだ、
と言ってくれた。だからこそ、僕は多くの人たちに感じてもらいたいと思って
いるよ。

今回の制作でも、僕にはまだまだ人に対して足りない部分があるんだなと気が
ついた。けど、今の僕にできることは全てやったつもりだ。

長い期間、ほんとうにありがとう。

この僕たちの作品がこれから先、どうなっていくかはまだ知れないけれど、誰
かはちゃんと見てくれる事実は必ず知れる。僕にとっては、未来を決定づける
ものが見えた気がしているよ。

そこに宿るものは、いのちの息吹。

彼女の方にも出会えることを、楽しみにしているよ。

ほんとうに、ありがとう。




#0269-09-04 /  Kirie

at 00:54, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。