<< #1511 | main | #1513 >>

#1512





Diary 2006 0901


7月の銀座での個展の後は、取材の撮影仕事をしている。都内はもちろん、大阪
に、広島に、北海道にいったり。夏休みなんてありゃしないよ。

ベンチャーで成功した人の顔写真を撮るだけのお仕事、最近の僕ときたらあらゆ
ることに失敗し、少しでも離れたところでぼんやりしたいので、まあちょうどい
い話さ。
北海道はなぜか日帰りだったが、沖縄はさすがに日帰りせず、仕事先の人(友達
だ)と少しだけ観光の予定も。
那覇にいる大輔に連絡して、半日ほど無人島に遊びに行くことに。最近移住した
彩子とも会えそうだ。夜はみんなで那覇ごはん。というか、無理矢理、集めてみ
るのだが。

地獄のような8月だった。思い出したくもない。兄貴がお金を貸してくれなかっ
たら、写真集の支払いもできなかった。展示だけで相当お金をつぎ込んだだけに、
この数十万の支払いができそうになくて、ずっと気が狂いそうだったんだ。
これで死なずにすんだかな。
初めてかもしれない、電話したのは。それは彼の誕生日の前日だった。アニキは
やっぱりアニキだった。
誕生日前だけど… ホントだよ!ってなもんだ。

ワタナベさんはいびき、810の陽子ちゃんも熟睡状態。こうして文章でも書い
てみるしかない。これから那覇の松山で取材、楽しみは、今晩大輔と彩子に会え
ること。

しばらくは会えないんだろうかと。もう会うことはないんだろうかと。
またここで、誰かといるのだろうかと。


#1512-06-09 /  Rainbow Hotel

at 16:16, yusukesato, 06

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。