#0144

 




04年、年末に東京で雪が降った。

僕は、心の持病が再発したらしく、行き場のない怒りを鎮めるために、

部屋で文章を書いて、その年のことを冷静に思い返した。

写真を始めて、こんなに充実した年は、初めてだった。

ただ、色々な事実を発見しすぎて、この現在の持病に至っただろう。

昨夜、寝ないで書いた「赤い糸」は、自分以外の誰かが書いたみたいな文章だった。

酒に頼れないと、何かときつい思いをするものだ。

取り戻すための場所、優しい花屋に寄って、みんなの顔を見た。

そして、実家のある藤沢へ向かった。



#0144-04-12 /  Snow in Hagiyama

at 15:37, yusukesato, 04

comments(0), trackbacks(0), - -

#0224






元旦の夜、またひとりで、この場所に来ていた。

寒風が波を上げ、不気味に打ちつける轟音が、繰り返された。

ここに来たかったわけじゃなかったのだ。きっと彷徨い辿り着いたのだろう。
人の姿も見あたらず、本当に逃げ出したくなる海だと思った。

暗闇に慣れたと気付くと、満月が雲の隙間から覗く。
その明るさに、少しだけ心が軽くなるかと思ったが、そうでもなかった。

なあ、僕はこれから、どうすれば生きていけるんだ?
ずっと、暗闇の中で、このはてしない旅を、憎むだけなのか?

誰かの声が、波の音と共に聞こえた気がした。

君のすることすべて、必ず見てくれる人がいるんだ。
その光によって、君はどこかに、また導かれていくんだよ。

海で溺れた少年は、まだここで、それなりに生きている。

こんなところでぼんやりもしたくない。
僕はすぐに、実家の正月に向かう。



#0224-04-01 /  Shonan Seashore

at 00:27, yusukesato, 04

comments(0), trackbacks(0), - -

#0226

 




あけましておめでとう。

うちの家族は、僕も含めて誰もそんなことを言い合わなくなった。

全員が一同に集まる瞬間は皆無で、テレビが一家の大黒柱となっている。

テレビが新年の挨拶をしてくれるし、てきとうなお客さんを迎えてくれるし、

歌までうたってくれるから、こちらはこたつに入っていればいい。

テレビがとにかく大嫌いなんだ。

たまに実家にくると、テレビがついてないことがないから、

ほどよい温度を保てない。



#0226-04-01 /  Yoko and Tomoyuki

at 13:54, yusukesato, 04

comments(0), trackbacks(0), - -

#0248

 




04年のはじまりは、愛輪車のエーデルワイスに乗って。

さあ、今日もくだらないチラシ撒きの仕事だぜ!



#0248-04-01 /  Edelweiss New Year Ver.

at 18:15, yusukesato, 04

comments(0), trackbacks(0), - -

#0259

 




〒167-0105 市川市欠真間1 → 福栄1

配布件数:2743



#0259-04-01 /  Social Eyes

at 00:07, yusukesato, 04

comments(0), trackbacks(0), - -

#0312






〒174-0128 足立区大谷田3 → 4 → 5

配布件数:1743


#0312-04-01 /  Pink flier 01

at 00:19, yusukesato, 04

comments(0), trackbacks(0), - -

#0323






〒168-0109 葛飾区東堀切2 → 3

配布件数:1271



#0323-04-01 /  Traffic Jam

at 00:27, yusukesato, 04

comments(0), trackbacks(0), - -

#0326

 




〒167-0105 市川市欠真間1 → 福栄1

配布件数:2743



#0326-04-01 /  Pink flier 02

at 19:35, yusukesato, 04

comments(0), trackbacks(0), - -

#0337

 




〒176-0201 日野市三沢 → 三沢2 → 落川 → 日野

配布件数:1567



#0337-04-02 /  Where is your head ?

at 18:32, yusukesato, 04

comments(0), trackbacks(0), - -

#0353

 




〒172-0124 立川市柴崎町3 → 錦町2

配布件数:2000(撒き切り)



#0353-04-01 /  Oldtime Apartment House

at 22:22, yusukesato, 04

comments(0), trackbacks(0), - -

#0354

 




#0354-04-01 /  Do you want our morning call ?

at 05:06, yusukesato, 04

comments(0), trackbacks(0), - -

#0357

 




〒169-0110 国立市東1 → 中3

配布件数:1807



#0357-04-01 /  Dead Or Alive ?

at 21:09, yusukesato, 04

comments(0), trackbacks(0), - -

#0361






〒176-0201 日野市三沢 → 三沢2 → 落川 → 日野

配布件数:1567



#0361-04-02 /  A Handmade Plate

at 09:24, yusukesato, 04

comments(0), trackbacks(0), - -

#0377






〒178-0205 小金井市関野町2 → 1 → 桜町2 → 1 → 東町5 → 中町1

配布件数:1263



#0377-04-02 /  Family Problems

at 10:51, yusukesato, 04

comments(0), trackbacks(0), - -

#0394






#0394-04-02 /  Hey Jude

at 22:14, yusukesato, 04

comments(0), trackbacks(0), - -

#0417

 




〒181-0212 三鷹市牟礼6 → 5

配布件数:2000(撒き切り)



#0417-04-02 /  Sky tree

at 00:31, yusukesato, 04

comments(0), trackbacks(0), - -

#0419

 




〒177-0204 日野市南平1 → 3 → 4 → 5

配布件数:1100



#0419-04-02 /  Mission Map

at 04:58, yusukesato, 04

comments(0), trackbacks(0), - -

#0426

 




〒168-0109 葛飾区東堀切2 → 3

配布件数:1271



#0426-04-01 /  Japanese Oden

at 23:24, yusukesato, 04

comments(0), trackbacks(0), - -

#0427

 




〒169-0110 国立市東1 → 中3

配布件数:1807



#0427-04-01 /  Door Post Only

at 23:51, yusukesato, 04

comments(0), trackbacks(0), - -

#0503



 


Yusuke Sato Photolog

写真は写真( Photograph is photograph )


14



時代と歩く君の姿は、未来の今からしょっていく。


#0503-04-01 /  With 2

at 14:59, yusukesato, 04

comments(0), trackbacks(0), - -

#0505






#0505-04-03 /  Masako

at 01:00, yusukesato, 04

comments(0), trackbacks(0), - -

#0514






あなたの建てた、金字塔。

ようやく、飛びたく思えてきたよ。


#0514-04-01 /  Monumental Achievement

at 03:56, yusukesato, 04

comments(0), trackbacks(0), - -

#0535

 




〒177-0204 日野市南平1 → 3 → 4 → 5

配布件数:1100



#0535-04-02 /  Half And Half

at 15:11, yusukesato, 04

comments(0), trackbacks(0), - -

#0552

 




元旦の夜、ついに湘南海岸から逃げ出した僕は、善行の実家に戻ろうとしたもの
の、さらに深夜を徘徊する。

通っていた中学校を過ぎ、なぜか違う学区だった中学校まで辿り着き、気付いた
らこのトンネルの入り口だ。
どうしてこんな無意味で不気味なトンネルを歩いて潜ろうとしたのか、自分でも
よくわからなかった。

ここにくるまで、救いといえば冬空に浮かんだ満月だけだった。しかしその希望
も、どうやら完璧に閉ざされた。不気味に風音だけが響き、寒空のもとを歩くよ
りも、指先はさらに凍てついた。

よく考えてみると、特に大きく気に病むことがあったわけでもなかった。僕には
きっと、恐れるべき予感がこの身に起こっているのだと、歩きながら思った。

ここを抜ける間、年末にカヤさんの家で過ごした時間を思い出した。

カヤさんが僕たちに作ってくれた、ジェノベーゼとアボカド、マーレの塩のパス
タ、焼きバナナのシナモンアイスのせ、他にも華やかな料理が並んだ。誰かの作
る料理で心底感動したのは初めてだった。特に焼きバナナはすごかった。ブラン
デーでフライパンに炎がたつ瞬間を、僕は生で初めて見た。
あんなにすごいギターの演奏をする人が、料理まで一級だったことにまずショッ
クを受けた。

カヤさんはその日、料理だけ手早く出して、普段からまったく飲まない酒を飲ん
で、早くに寝床についてしまった。カヤさんの親しいアーティスト仲間で集まる
パーティーのはずだったが、多くの来るはずの者が来れずに終わったのだ。買い
出しや仕込み、彼らのために新しく布団まで用意していたのに。集まったのはカ
ヤさんにとってはまだ若い僕たち数名。僕はそれで、自分の小さな存在をまた感
じてしまったんだ。

僕はこのトンネルを潜ろうとしたことを後悔した。入る前はきっとトンネルの中
の方が明るいのだと思ったのだ。
僕がカヤさんについての真実に気付くのは、時間の問題かもしれなかった。あれ
だけのことをやってのける人間にふりかかってくる代償を、僕はもうこの目で見
始めているってことだった。

僕は早く実家に戻って、カヤさんの家から帰る途中に書店で買った、ネヴァー・
エンディング・ストーリー「はてしない物語」の本の続きを読みたくなった。


#0552-04-01 /  The Tunnel of Ooba

at 00:43, yusukesato, 04

comments(0), trackbacks(0), - -

#0565






猫のキキとココは、バナナのにおいが大好き。

冷蔵庫にいれれば、バナナの皮はまっくろけ。

夕方、たわわに実ったバナナのタイムセール。

鼻息あらく、食べたいあなたは、ぼくの好き。



#0565-04-01 /  Chin Banana

at 22:34, yusukesato, 04

comments(0), trackbacks(0), - -

#0567

 




2004年、僕の調子はやっぱりいまひとつ。

ポスティングバイトを始めてちょうど1年。会社の都合で日給から急に歩合制
になって、朝から丸1日がんばったとしても5000円とか、6000円だよ。
ラブホテルバイトは5年目だけど、そちらの方でいかに楽してお金を手に入れ
てきたかがよく分かった。

そんな僕に、大学の時の恩師(というより恩人)から連絡があって、大学で写
真の仕事をやってみなさい、というようなことを言われた。
大学案内とかで使う写真を撮るバイトがあるらしい。それで僕はふたつのバイ
トをしながら、さらにもうひとつ、その写真の仕事を去年のクリスマス頃から
始めていた。
仕事といっても、ただいつもどおり一生懸命写真を撮るだけだった。美大の4
年生が卒業制作に集中している頃で(僕も一昨年同じことをやっている)大学
に存在する全学科の学生を対象に、学内を歩き回って使える写真を撮ってこい
という恩師からの指令だった。

しかし年末に、僕は版画学科の工房で作業中の学生(うちの大学の学生は8割
方女の子なんだよ)にぐいぐいせまって写真を撮っていたんだけど、それを見
た研究室の人だかなんだかが、僕の真に迫る撮影ぶりを見て、一応僕の名乗る
広報課にクレームをつけた事件がいきなり起こってしまった。
その研究室にはちゃんと許可を取って入ったんだけど、完全に不審者扱いされ
ちゃったってわけ。
僕はただ写真を撮っていただけなのにね。この長い髪だってちゃんと品よく後
ろで結んでたよ。
けど悪いのはすべて僕、僕は記念すべき最初の写真の仕事でいきなり信頼を失
い、恩師の顔にも泥を塗ったってわけ。それで僕はひたすら落ち込んだ。
さらに追い打ちをかけて、以前ある写真のコンペにも「アンジュール」という
作品を自信満々で応募していたんだけど、落選の通知も届いちゃった日には、
ほんとに生きていく自信をなくしたよ。

けど新しい年になって、まだその大学での撮影が待っている。クビになったわ
けじゃないみたいだから、また仕切り直しだよ。
僕の写真人生はまるでいい方向に進んでないみたいだけど、考えてみたら写真
で少しでもお金をもらえることは、僕にとってはこの先とてもいい話なのかも
しれないね。今はこの自分のアクの強さを、世間的に少しはおさえなければな
らないようだ。ここはひとつ、もう少し慎重にやってみよう。

だけどこの髪だけはしばらくは切らないよ。どうして自分がこうなっているか
はまあよくは知らないけど、今年の僕は、これでいくって決めているんだから。



#0567-04-01 /  Self Portrait 2004

at 22:36, yusukesato, 04

comments(0), trackbacks(0), - -

#0574






〒168-0109 葛飾区東堀切2 → 3

配布件数:1271



#0574-04-01 /  Liberal Democratic Party

at 21:22, yusukesato, 04

comments(0), trackbacks(0), - -

#0575






〒184-0219 市川市南行徳1 → 2

配布件数:2000(撒き切り)



#0575-04-02 /  Wan Wan Wall

at 00:07, yusukesato, 04

comments(0), trackbacks(0), - -

#0577

 




〒182-0213 葛飾区東金町1 → 2

配布件数:1839



#0577-04-02 /  Flower Stairs

at 14:36, yusukesato, 04

comments(0), trackbacks(0), - -

#0606






〒184-0219 市川市南行徳1 → 2

配布軒数:2000(撒き切り)



〒付きの写真は、03〜06年、ポスティングのアルバイト中に撮った写真。
〒184-0219 184回目の任務、2月19日に撮ったということ。
その地域に存在する全ての家のポストにチラシを入れて、それが配布軒数。
撒き切り、とは持っていったチラシ全部配布したぜということ。

この頃の事務所は国分寺。この日は電車で千葉まで赴き、普段より4時間
早く、14時に撒き切りを達成。団地盛りだくさんだと早く帰れる。
ピンクチラシの業務ではなくピザとか寿司とか。
一軒につき3.5円〜とか、2枚同時配布でいくら、ドアポストでいくら等、
様々な歩合での任務となる。


#0606-04-02 /  Pink Flier 3

at 05:05, yusukesato, 04

comments(0), trackbacks(0), - -