#0269

 




Diary 08-0731 


もうすぐ僕のホームページができあがる。想像していた世界に、少しだけ近づ
くことができるんだ。

彼女に出会うことができて、本当によかった。

まず妊婦であるというのに、かなり無理をさせてきた僕がいる。けど彼女はな
んてことはない、という涼しい姿勢で無理を聞いてくれた。

今の僕がかろうじて保っているのは、僕みたいな人間を昔から知ってくれた人
たちが、今もこうして、何かの形で力を貸してくれるからだ。
学生の頃、これは場外ホームランだ、とあなたが感じてくれた僕の写真、今も
ちゃんとフェンスを越えていてくれるのかな?

あたらしい生命、その誕生の直前まで彼女はこのホームページの制作をとこと
ん頑張ってくれた。
そして、産まれてくる彼女の方も、僕の写真をわかって産まれてくれるんだ、
と言ってくれた。だからこそ、僕は多くの人たちに感じてもらいたいと思って
いるよ。

今回の制作でも、僕にはまだまだ人に対して足りない部分があるんだなと気が
ついた。けど、今の僕にできることは全てやったつもりだ。

長い期間、ほんとうにありがとう。

この僕たちの作品がこれから先、どうなっていくかはまだ知れないけれど、誰
かはちゃんと見てくれる事実は必ず知れる。僕にとっては、未来を決定づける
ものが見えた気がしているよ。

そこに宿るものは、いのちの息吹。

彼女の方にも出会えることを、楽しみにしているよ。

ほんとうに、ありがとう。




#0269-09-04 /  Kirie

at 00:54, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -

#0296






2009年沖縄サミットは、台風直撃の宮古島にて。

予定していた初のダイビングはできなかったけど、奇祭のパーントゥ(泥神々様
鬼ごっこ祭り)を見れてとてもよかったな。

サミットメンバーと過ごしたのは3日もないくらい。僕は仲間より先に宮古島に
来ていて、また何日かここにひとりで残った。
仲間である志士たちは、よくそんなこわいことできるね、と言った。
それが僕という人間であることが、仲間といるとよく分かる。今までは、単独行
動をしてこその自分しかいなかったから。
けど今はさすがにつらいと感じるかもしれない。だって愛すべき志士たちが飛行
機にのっていくのを次々と見送って、ひとり残されるわけだから。

この旅は、悪天候の中だったからこそたくさんのことを学べたね。台風がやって
きたのは、ちょうどみんなが集まって帰るまでだった。本当は肩を落としたまま、
それぞれの暮らす場所に散ってもおかしくない状況だったろう。
仲間の思っていることが、手に取るようにわかった。それぞれが感じた悔しい事
実や、楽しくも切ない感謝の溢れる気持ち。そんな君たちになっていることなど
を受けとめながら、またみんなで会える日を、そうイメージしながら帰っていく
全員の後ろ姿を見届けて、なんともいえない気持ちになったよね。

けど、彼らのためにまだ自分にもできることがあると思った。僕たちがこれから
どんな状況でも笑顔で過ごすために、自分の写真があってもいいと思ったんだ。
前回サミットの暑かった座間味島で過ごした時間もよかったけど、この3日間は
忘れられない旅となったよ。

いや、僕の旅はまだ少しだけ残っていたね。みんなが去ったあとだからこそ、や
らなければいけないこともある。
10年前、初めての沖縄は、この宮古島だったのだ。僕はもう一度この場所を歩
き、たったひとりで歩かなければならなかった僕にも、会いにいくのだ。


#0296-09-10 /  Okinawa Summit 2009

at 19:09, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -

#0304




Yusuke Sato Photolog

写真は写真( Photograph is photograph )



10



過去の島々さすらって、ほんとうの君に会いにいく。



#0304-09-10 /  Shinpei and Miyako Mamoru Kun

at 04:14, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -

#0307

 




君が10年前に選んだ、なんにも知らなかった旅。

僕はこの宮古島で、サトウキビを知ることから始めたんだ。

君と出会い、ある小説を書いた。

君は生まれ直し、また新しい僕に巡り逢った。



#0307-09-10 /  Sugar Cane in Miyako Island

at 09:02, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -

#0313






台風が接近するかもしれない宮古島。09年沖縄サミットの開幕だ。

平日に決まった仕事のないような僕は、みんなが集まってくる前に宮古島に着い
た。サミットメンバーで1番若い大学生の心平も、ひとりでギターを抱えて市内
に着いたみたいだった。
僕は初日、島のはずれにある宿で出会った美容師のカップルと平良市内で夜の食
事をした後、市内にいるついでに、航空券のオプションホテルにいた、この島で
は右も左もわからない心平を、さっそく呼び出した。

おい、なにやってるんだ、そのホテルすぐチェックアウトして …金はなんとかし
てやるから、荷物を持ってうちらの宿に来なさい。マンゴーパフェうまいからさ。
たぶん歴史は繰り返されるものなのだ。

心平はギターケースを背負ってすぐに現れた。美容師さんが運転する車で僕らは
島の南東にある城辺町の宿に向かった。

2日目は仕事道具を持ってきていた美容師さんに、2人とも青空カットをしても
らってから、レンタカーを借りて心平と宮古島を回った。
僕は4回目の宮古島だったけど、いつも自転車か歩きだったので、ここでは初め
て運転をした。サイドブレーキをかけながら発進しようとして、心平に慌てて止
められた。
やはりこうなると写真なんかは撮れないね。僕は心平にまず来間島から見える宮
古島の海を見せたかったので、来間大橋を渡ってそこに向かった。

10年前、汗をかきながらこの長い橋を自転車で渡った自分を思い出す。あの時
の僕はどこまでもひとりで、今よりもっともっと自由だったかもしれない。
心平はその頃の僕と同じ年齢だ。僕もいつのまにか、何かを伝える側になったの
かもしれない。
君はきっとすごい人間になるんだと思うよ。すでにこのメンバーの中にいること
ができているんだから。
さあ、これからみんながやってくる。その前にこの時間を持てたことを心から嬉
しく思っているよ。


#0313-09-10 /  Shinpei on Music

at 03:10, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -

#0315

 



ぷりりん、ぷりりん、ぷりまんごー♥

by kb


#0315-09-10 /  Mango Sundae

at 01:04, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -

#0317

 




#0317-09-10 /  Boraga- Beach

at 03:16, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -

#0319

 




本当のことを歌いすぎると、君はそっぽをむいてしまう。

本当のことを写しすぎても、君にあきれられてしまう。

本当のことを書きすぎても、君たちを傷つけてしまう。


だからあなたは、嘘を歌う。嘘を写す。嘘を書く。

またはあなたは、歌わないか、写さないか、書かないようになる。


真実しか残せない人は、どうにもならない旅に出る。

この世の中は、本当に、そのようにできている。



#0319-09-10 /  Pinoko on Music

at 08:06, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -

#0333

 



キビコサンは、ワタシが守ってぬちマース!

by kb


#0333-09-10 /  Local Hero Miyako Mamoru Kun

at 04:15, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -

#0339

 




#0339-09-10 /  JA Gusukube

at 21:13, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -

#0344

 




#0344-09-10 /  Good Morning Miyakojima

at 04:30, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -

#0363

 




走りたいとき、好きなとき、ここに写真を見たいとき。



#0363-09-10 /  You can go anywhere you like

at 16:50, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -

#0366

 




きましたよ!、ゆうすけさん!


#0366-09-10 /  Waiting for Mango Sandae

at 10:24, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -

#0384

 



今日からいよいよ、僕らの沖縄サミット開幕。

昨日同じ宿に来ていた美容師さんに、僕と心平は青空のもと新しい髪型にしても
らったので、これから軽快に空港まで仲間を迎えにいく。

美容師さんカップルが市内のレンタカー会社まで、また送ってくれると言ってく
れた。僕が沖縄で出会う人というのは知ってきた限り、本当に親切な人たちばか
りで、僕はこの2人を見て、いつか竹富島で出会ったよーちゃんたちを思い出し
ていた。

昼過ぎに宮古島出身の志士セージとキアラの車と合流して、初参加のちゃーちゃ
んなおちゃん、志士ユージと来間島のカフェで、まずは腹ごしらえ。ちょっとの
んびりしてから、夕方前に到着するダイスケ、サトコさん、リョウ、ジュンコさ
んで全員集合となる。

このサミットは湘南高校の野球部時代から、僕の知らない彼らの大学時代の愉快
な日々を経て、そして沖縄へと移り住んだダイスケを中心として(僕は03年に
ダイスケと再会することができた)、勇気ある志士たちを迎え続け、沖縄や仲間
を愛する心を成長させるもので、決してただ充実した休暇をゆったりと過ごしま
しょう、という集まりではない。と思っている。

志士って、身を犠牲にして国や社会のために尽くそうという、高い志をもってい
る人のことを言うんだけど、志士ダイスケのやつはこのサミットを最終的に本当
にそこまで持っていけてしまう人物だと思うから、僕もひとつ志士として、その
記録写真を撮っていこうと思っている。

僕たちのいた湘南高校というところは、都知事になる人や後にノーベル化学賞を
取る人も出るくらいの学校なんだけど、彼らの後輩たちもちゃんとこうして厳か
に沖縄でサミットを年に1回、開催しているわけ。やっていることは彼らとそん
なに変わらないよ。いかに情熱を注げるかということなんだから。
毎回主催者は変わってもいい、というぬるい側面もあり、今回はダイスケの沖縄
親友、宮古島出身セージと、奥さんになるスコットランド出身キアラさんが提案
した宮古島サミットとなった。

僕は何回か宮古島に来ていたが、嬉しいことに彼らはちゃんと奇祭といわれる宮
古島の伝統行事パーントゥーの日程に合わせてくれた。全員集合した後、まず僕
たちはある集落に向かい、追いかけてくる3人の泥神様と鬼ごっこみたいなこと
をすることになっている。

宮古島は昨日から時折強い風が吹いた。明日にも大接近するかもしれない台風が、
沖縄サミットの首脳たちを悩ますことは、もう僕は感じ始めていた。
僕は逆境というものがわりと好きだからあれだけど、すでに明日からのみんなを
どうやったらいい方向に導けるかで頭がいっぱいだった。


#0384-09-10 /  I have my head in the cloud

at 12:48, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -

#0386

 




#0386-09-10 /  Sheep got a haircut in the blue sky

at 23:17, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -

#0388






遠くの雨は、流されて。

近づいてきても、おそれない。

探していた、笑顔をつなげたくなる人たちよ。


近くの風に、誘われて。

やさしい雨が、ふりそそぐ。

見つけたよ、笑顔をつなげてくれる人たちを。



#0388-09-10 /  Sheltering from light rain

at 15:03, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -

#0396

 




#0396-09-10 /  Ryukyu Pine Trees

at 22:22, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -

#0398






#0398-09-10 /  The Kurima Big Bridge

at 16:07, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -

#0411






その先に、朱莉が待っているよ。



#0411-09-10 /  Painagama

at 04:21, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -

#0415

 




物事の表面しか見つめない。

そうなってしまった君となら。

こんな景色を一緒に見たい。


#0415-09-10 /  Typhoon Warning

at 04:39, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -

#0431





くっさいの、たまらんさぁ〜!


by kb


#0431-09-10 /  Oh Mud God !

at 01:07, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -

#0434





宮古島の伝統行事、パーントゥプナカのお祭りのはじまりさぁ〜!

キビコもちいさい頃には、パーントゥさまの厄払いうけに、トーコといっしょに
島尻地区までいったもんさね〜

パーントゥさま、つる草からだにまいてよー、聖なる井戸からくみあげた泥を全
身にぬりたくって、3人どろんこカミンチュたちが、集まる人に泥をつけまわっ
てくわけよ〜、儀式をすませたあとは、集落中が大パニックさぁ〜!

パーントゥさまたち、新築のおうちにも家庭訪問さぁ〜、おじーもおばーもお車
も、み〜んな泥だらけだよ〜!

島尻地区の青年たちがパーントゥさまになるわけだけどよ〜、足が速い人じゃな
きゃなれないみたいだね〜、杖とお面持ちながらよ、急発進の全速力で、お逃げ
になる人めがけて走ってくから、で〜じーこえ〜ってよ〜w
儀式の前にはさ、シマーもしこたま飲んでるしね〜!

にぃにぃはパーントゥが現れる前、集落の様子がよかったって言ってたけどよ、
時間どーりこなくて、どっから現れるかもわっからんから、子供の時に味わった
恐怖感、そのままさぁ〜!

今はショーショー観光っぽくなってるけどよー、楽しいことは楽しいさ〜、キビ
コはもう行きたくないけどね〜

by kb


#0434-09-10 /  Where’re you from ?

at 01:01, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -

#0436

 



ぷりりんパーントゥがキターーー

パパイヤ〜〜、ギャーーー


by kb


#0436-09-10 /  Starting Tag Time

at 02:05, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -

#0437






未来のパーントゥたちも、静かな闘志を燃やしてるさぁ〜!

by kb


#0437-09-10 /  Future Mud Gods

at 01:10, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -

#0438






#0438-09-10 /  Throwing away

at 01:18, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -

#0439

 



ンミャーチミャークンカーイ!!


by kb


#0439-09-10 /  Oh Mud god ! 2

at 01:33, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -

#0447

 




パーントゥーさまーっ!、我らにご慈悲を!


#0447-09-10 /  Please Please Me

at 10:26, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -

#0448

 




ンミャーチ、ンミャーチ、ミャークンカーイ!!


#0448-09-10 /  Why Why Me ?

at 21:41, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -

#0451

 



神様にでも、死角あり。

自由であれ、沖縄の子。


#0451-09-10 /  Giving his vital organ a thrust

at 01:15, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -

#0455

 




僕たち内地の人間は、精神的にはその島の穏やかさを荒らしてもいる。

沖縄の人の心を見たか?、どこにその美しさを見いだしたか?

それを知らない人間に、沖縄の島を歩く資格はない。


#0455-09-10 /  Shima Warabi

at 19:12, yusukesato, 09

comments(0), trackbacks(0), - -