#0047






かめらまんが、あたしたちのころって、なんになりたかった?

子供ってやつは、実にするどい質問をするんだと思うわけ。ふだん似たような人
といると、まず出ない質問がとんでくるね。

友達から何かを聞かれた時、適当なことを言ってお茶を濁すのが僕という人間な
んだけど、少女たちにそんなこと聞かれたからには、とても真剣に思い出してい
る僕がいた。うーん、野球選手かな、と。

しかし相手が少女なだけに、話はそこで終わってしまった。僕はいち大人として、
もっと気の利いた返答を導きだすべきだったんだ。
さいあくでもサッカーにしとくんだったよ。僕らの時代は、女の子がゴールでも
決めたものなら、それだけでなぜか一気に3点だったけど、今の小学生の子った
ら、普通にシュートまでいって決めているからね。

相模女子大の中にある小学部で、僕は毎年撮影をさせて頂いている。その初めて
の撮影で撮っていた1年生たちが、もう5年生になっている。
けど僕ときたらそのままなんだから、とてもおかしな気分になってしまうわけ。
先生たちも、親の役目も果たしている学校ともいえそうだね。男の子も少しいる
んだけど、カードゲームなんてやっている奴はいない。とにかく一体感というや
つがすごいね。

けどここ何年か、僕に終始まとわりついてくる子もでてきて、とても撮影どころ
ではなくなって、ストレスが生まれる場面だって結構あった。今撮らなければ今
年のポスターが仕上がらないんだ、という状況の時に、ねえ遊んで遊んで、とた
いへん困らせてくれる子。

今日も僕はその子に当然見つかって、いつもどおり話していたんだけど、ふとあ
る瞬間、いままでじゃましててごめんね、って言ってきた。

以前、その件はつまらない大人として先生に報告していたから、その子は先生に
教わったのかもしれない。けど僕は、思わずそのことばで、泣きそうになってし
まった。だってそう言っているのに、遊んで欲しいっていう気持ちが出ていただ
けになおさらだった。

5年生の女の子のひとことが、32歳のおじさんの涙腺を緩ませているこの状況。
僕は思わず、いち写真家として彼女を1枚撮らせてもらいたい気分になった。け
どチャイムが鳴ったので彼女はすぐに走り去って行った。

本当に久しぶりなんだよ、ああ写真を撮りたいなって、思えたのは。こんなこと
ばかり書いてると、たいへんへんたいだ、と思われてしまいそうなので、今日は
ここまで。

放課後、別の質問もあった。

ねえセン…かめらまん、嵐とったことある?

これももっと気の利いた返答があったろう。僕は今それなりに、反省をしている。



神田サオリにひとこと

カメラペイント(タイトル:咲)さがみキッズにも超人気。まったくもって仕事
になりません。


#0047-07-04 /  Spring Sagamijoshi

at 20:06, yusukesato, 07

comments(0), trackbacks(0), - -

#0107






ヨドバシカメラで新しいカメラを買った。

僕はここまで、何回カメラを買ってきたのだろう。
コニカヘキサーに始まって、コンタックス T3、ニコン FM3A、ペンタックス
645、コンタックスRX、そしてニコンD200。これで6回目だ。

同業者のセブンスターもひまだからついてきた。僕がカメラを買う時には大抵
ついてきて、色々アドバイスするのが彼の趣味のひとつでもあるんだ。

今回はとうとうデジタルカメラを買ってしまった。絶対あんなもの使ってたま
るかとずっと思っていたのにね。つまりはパソコンも買ったということ。僕と
きたらこの2007年になるまで、あんなの操ってたまるかと長いこと拒否し
続けてきたんだ。
最後のアナログ世代代表、胸を張り心にキャプテンマークを付けてここまでが
んばってきたんだけどね。
仕事もいまだにフィルムでやらせてもらっているけど、3年後にはそうも言っ
ていられない状況になるのは目に見えていて、仕方なく断念した。

今日、世間ではバレンタインデーみたいだった。僕としては愛してもいないカ
メラを義理で買ったことに対して、罪悪感みたいなものを覚えていた。

カメラのレンズやフィルター、外付けハードディスク、セブンスターのアドバ
イスは確実にプロの領域なので、僕は彼の言う通りに必要なものを揃えた。

雨も降っていたので、最後に我々はホビー館でガチャガチャをした。
さりげなく1回2回まわせば終わると思っていたけれど、やっているうちにど
んどんヒートアップしてきちゃって、欲しいカプセルが出てくるまでやり続け
ることになった。セブンスターという男は一度むきになったら止まらないし、
僕も僕で、似たようなところがあるんだ。

僕は今年でもう30歳だというのに、バレンタインデーにセブンスターなんか
とガチャガチャに没頭している始末だ。
けど、お目当てのふじこちゃんや、ゼータガンダムが出てきた時にはやったと
思えたね。2人であれだけ回せばそりゃあ出てはくるんだけどね。

でもね、デジカメやパソコンなんかをしたり顔で揃えることより、よっぽど有
意義で、充実した時間だったと思っているよ。
だって、心に灯し続けたキャプテンマークを、僕がそう簡単になくすわけない
んだからね。


#0107-07-02 /  St.Valentine’s Day

at 00:58, yusukesato, 07

comments(0), trackbacks(0), - -

#0177






乙女たちが願います、7年7月7日の、ひこ星キャッチ。


#0177-07-07 /  Triple Seven Day 

at 11:36, yusukesato, 07

comments(0), trackbacks(0), - -

#0179






多くの過去にとらわれて、なかなか前へ進めないこともある。

過去たちはいつか僕に追いついて、君たちを輝かせてみせるだろう。

未来には、太陽の花のような君がいる。

そして、僕が探してきたとっておきの音楽を、君に聴かせたい。



#0179-07-05 /  Bedroom

at 00:32, yusukesato, 07

comments(0), trackbacks(0), - -

#0201

 




ハーイダーリン、あたしたちと一緒に、ビーチパーティーはいかが?



#0201-07-01 /  Miss Guam

at 11:04, yusukesato, 07

comments(0), trackbacks(0), - -

#0219

 




水仕事、その人の生き方、あらわれるはず。



#0219-07-05 /  Oil and water man

at 03:07, yusukesato, 07

comments(0), trackbacks(0), - -

#0271

 




きらめくような言葉を、今の僕はつかえない。
誰かのいっていること、すべて正しくないようにきこえた。

味気ない生活をおくる、ひたすら平凡な日々をすごす。
誰かのかてになろうだなんて、無駄だったんじゃないかな。
いつの日かこうして、心がとてもいたくなるなら。

かがやけるような言葉、つかえない。
誰かのとってきた写真、味気ない生活をおくっても、
きっと本当のことだけが写ってる。

今までは、救いとなってきた。
それすらなくなったら、どうなるだろう?

たぶんいつも、きらめくような言葉をつかうはめになるんだな。
誰かみたいな、言葉をね。

そんな言葉は、いらないや。
真実、それだけがあればいいのにね。
人と人がいるならば、誠意もあるとなおいいね。

真実たちは、味気ない生活をおくっている。
誠意たちは、平凡な日々をすごしている。

わからないなら、いったい誰がやるだろう?


#0271-07-01 /  Nowhere Man 3

at 05:26, yusukesato, 07

comments(0), trackbacks(0), - -

#0279

 




8月30日は、おとなりの金子のおばさんの誕生日。

これで還暦、信じられないよね。

これからも宴会隊長、さらに戸越二丁目町会消火隊として、

さらなるご活躍をお祈り申し上げます。

おめでとうございます。


#0279-07-07 /  A woman of the summer

at 06:42, yusukesato, 07

comments(0), trackbacks(0), - -

#0285

 




これさえ着れば、電車は止まらないのだ。

これさえ着れば、電車はもっと止まるか。


#0285-07-08 /  Invincible Boy

at 19:01, yusukesato, 07

comments(0), trackbacks(0), - -

#0311

 




#0311-07-08 /  Love wins in the end

at 15:48, yusukesato, 07

comments(0), trackbacks(0), - -

#0332






#0332-07-02 /  Lupin the Parade

at 07:53, yusukesato, 07

comments(0), trackbacks(0), - -

#0362

 



いや、ヤツはとんでもないものを盗んでいきマシタ〜

あなたの、チムググルでーす!


by kb


#0362-07-02 /  St.Valentine’s Day 2

at 14:45, yusukesato, 07

comments(0), trackbacks(0), - -

#0383






やあ、さようなら。


#0383-07-05 /  Hello Goodbye

at 01:23, yusukesato, 07

comments(0), trackbacks(0), - -

#0397






君自身がしてきたことも、やがて終える日がくるかもしれないね。

はじまりは、おわりの後にやってくる。

そんな言葉を信じながら、終えることをおそれて生きている。

君はついに知ってしまった。

はじまりにも、おわりにも、それほど深い意味はないのだと。


過去にはじめた場所で、確認している。

誰かが投げた模型飛行機は、いまだ飛んでいるか?

渡り鳥たちは、空高く並んでいるか?

あの時の夕陽に照らされて、君は今も生き続けている。

たったひとりでも。いつまでもひとりでも。



#0397-07-10 /  Riverbed

at 01:05, yusukesato, 07

comments(0), trackbacks(0), - -

#0604

 

 


Yusuke Sato Photolog

写真は写真( Photograph is photograph )


16




はじまり支えたいつかの君と、相も変わらず写真は写真。



#0604-07-02 /  St.Valentine’s Day 3

at 14:42, yusukesato, 07

comments(0), trackbacks(0), - -

#0693






#0693-07-02 /  Nicotine Birds

at 01:03, yusukesato, 07

comments(0), trackbacks(0), - -

#0735

 




#0735-07-06 /  Nikotama BBQ

at 01:30, yusukesato, 07

comments(0), trackbacks(0), - -

#0751

 




#0751-07-08 /  Ecocide

at 01:58, yusukesato, 07

comments(0), trackbacks(0), - -

#0754






#0754-07-06 /  Mau Open Campus

at 00:21, yusukesato, 07

comments(0), trackbacks(0), - -

#0761






#0761-07-06 /  Ignoring the signal

at 01:52, yusukesato, 07

comments(0), trackbacks(0), - -

#0762






#0762-07-06 /  Mrs.Violet

at 01:02, yusukesato, 07

comments(0), trackbacks(0), - -

#0767






#0767-07-06 /  Mirror

at 01:57, yusukesato, 07

comments(0), trackbacks(0), - -

#0809





#0809-07-06 /  French maid

at 02:23, yusukesato, 07

comments(0), trackbacks(0), - -

#0822






つっかぁー、あたいもディズニーいきたいんだけどぉ〜。



#0822-07-06 /  Minnie Girl

at 03:37, yusukesato, 07

comments(0), trackbacks(0), - -

#0857





#0857-07-08 /  Summer Statue

at 00:32, yusukesato, 07

comments(0), trackbacks(0), - -

#0896






#0896-07-08 /  Book Land

at 07:23, yusukesato, 07

comments(0), trackbacks(0), - -

#1069






03年の夏に石垣島で出会えた、愛知出身の友達が訪ねてくれた。

ムサビの撮影期間中で最も大変な時だったが、何日かうちに泊まってもらった。

自分の夢への一歩を踏み出すために東京に来ていた。自然が大好きで、旅が大好
きで(彼はジャングルの奥地でもりを突いて暮らしていたこともある)、写真に
も興味があって、動物カメラマンになりたいと、僕の部屋で語ってくれた。
僕は彼という人間がとても好きだった。礼儀正しくて、力強くて、優しくて、未
来に向かうための忍耐というものを知っている人だった。あそこでしか出会えな
かった、最も大切にするべき仲間だろうな。

一方、僕はこの時、写真をやめたいと思っていた。心のどこかで、ではなくて、
そうしたいと本気で思っていた。
彼は僕を尊敬してくれていて訪ねてくれたわけだが、ずいぶん夢のない話を聞か
せてしまったものだ。僕はまだこの時、人が僕をどう思っているのかを、よく知
らなかったんだな。

あの時、誰かと会っていたという決定的なタイミングや、そして人から見た自分
自身をよく知ることの大切さ。それを遅くても理解できたならば、続けてきたこ
とはいつかある時点で、やめてはいけないと思えるようになるんだな。

僕は持っていた世界中の動物を集めた分厚い写真集を彼に渡した。そしてこれか
らも、彼とはまた会わなければいけないと、その時、未来のためにそう思ったな。

彼との次の再会は数年後の名古屋、撮影仕事の前のちょっとした時間に。今度は
彼が翌早朝に波乗りに出かけるのに、名古屋の夜をつきあってくれたよ。

また次に会える日を、楽しみにできる人がいる。そんな繰り返しが、いつかもの
すごい時間を必ず作りだすことを、今は簡単に信じることができる。

彼のような人と旅ができる自分になれたらな、旅好きなようでまったく世界を知
れない僕は、旅人らしい旅人に憧れる。

そんな人に君が出会えているのは、とても幸せなことなんだ。


#1069-07-01 /  Yoshiki

at 02:51, yusukesato, 07

comments(0), trackbacks(0), - -

#1071



 



Yusuke Sato Photolog

写真は写真( Photograph is photograph )


30




旅する人へと伝えたものは、いつかの君への答えに変える。



#1071-07-01 /  Dear Traveler

at 00:01, yusukesato, 07

comments(0), trackbacks(0), - -

#1082






デジタルカメラにようやく手を出したのは、この07年だ。

バレンタインデーに、セブンスターを引きつれて買ったニコンのD200とズーム
レンズ。パソコンもその時はじめて、ズームレンズすらはじめてだったな。

それからは、D300が出て欲しいなってなって、D700が出て欲しいなってなっ
て、D7000が出てきて欲しいなってなって、もうすぐD4が出るぞってなって、
欲しいなってなってきた。そして、結局どれも買えずにいた( D4は、今の僕が
どうあがいても買えない)。

去年かろうじて買ってみたフジのコンパクトカメラは、僕がある決定的な瞬間に
出会って、ノーファインダーに近い状態での、いつもの撮るべき写真を求める時
のスピードに、いまいちついてこれないみたいで、まじめにやろうとすればする
ほど、がっくりきて、あまりよろしくない。仕事でも使おうと思って買ったけど、
あんまり出番はなさそうだ。

フィルムのカメラは2年くらいの周期で、いろいろ替えてきたりしたもんだが、
我が撮影仕事カメラ、D200選手は、5年もがんばってくれている。

でもそろそろ彼もメジャーに挑戦したいと言うので、ポスティングで得るお金で
この春までに新しい選手を雇うつもりだったけど、どうも英語での交渉があまり
うまくいってないみたいだから、あと1年はうちでがんばってもらうのかもしれ
ない。

いつのまにか、いちばん長く使ったカメラになってしまった。神田サオリのカメ
ラペインティングがなかったら、ここまで使おうとは絶対思わなかっただろうな。
もうとっくに減価償却しきっていても、まだ燃やせる部分がどこかにあるのかも
しれないね。

バレンタインデーの頃には、また7つ星からやってきた悪魔のささやきが聞こえ
てきそうで眠れそうにない。でも今年はそんな日に限って、新宿での撮影なんだ
から、ひょっとしてこれは、手ぶらでは家に帰れないのかもしれないね。




#1082-07-02 /  Crescent Shot

at 03:13, yusukesato, 07

comments(0), trackbacks(0), - -

#1087

 




#1087-07-03 /  Artificial Satellite

at 00:16, yusukesato, 07

comments(0), trackbacks(0), - -