#2017-0328

 

 

 

YUSUKE SATO 

 

 

ホームページ http://yusuke-sato.com

 

サイト内フォトログ「写真は写真」思うことがあれば更新中。

 

 

インスタグラム yusuke_630

 

Photography 2000-2017「写真よ、大志を抱け!」新アカウントで投稿中。

 

 

 

 

at 17:35, yusukesato, -

comments(0), trackbacks(0), - -

#3335

 

 

 

 

NEW 佐藤祐介写真展 開催決定!

 

¡ Mano a mano !

 

ユッコ商店(メキシコ、グアテマラ民芸品)との展示販売会

 

 

2016年 10月7日(金)− 10月15日(土)* 11日(火)は休み

 

野ざらし荘(横須賀)facebook 野ざらし荘

 

12:00 − 19:00

 

 

歩き:京急汐入駅より徒歩20分

 

バス:JR横須賀駅、京急汐入駅より〔衣笠行き〕で「坂本坂上」下車、徒歩3分

 

車:コインパーク横須賀坂本町 より徒歩4分

 

目印:坂本一丁目町内会館(横須賀市坂本町1−19−26)そばの小道から、階段を左手方面に110段昇るとあります。

 

注意:野ざらし荘の住所で検索すると、まったく違う場所が表示されます。住所検索は、坂本一丁目町内会館をどうぞ。

 

 

 

野ざらしカフェ(ゆっこのメキシコフード × 家主ななこ)常時

 

珈琲職人マカロニ・ドリッパー (グアテマラ珈琲)7金-10月

 

toi Tomomi Sakauchi × ユッコ商店(メキシコ、グアテマラ素材のオリジナル雑貨)facebook toi

 

 

期間中イベント

 

 

児玉峻(ギターと奄美たて琴)8土 15:00- 投げ銭ライブ

 

佐藤祐介 × ゆっこ(旅のスライドショー)9日 / 12水 18:00-19:00(上映時間 1h / 参加費 1000円)

 

スライドショー後のゆっこのタコス屋 9日 / 12水 19:00-(参加費 1000円、ドリンク別)

 

野ざらし宿泊会 9日 / 12水 18:00-(要予約、スライドショーとタコスご飯付き 6000円 / 寝具持参で5000円)

 

toi 坂内友美 × ユッコ商店ワークショップ(飾りベルトを作ろう)12水14:00-17:00(要予約 4500円、材料費込み) 

 

須山知恵(パラグアイ刺繍ワークショップ)14金 13:00-16:00(要予約 3500円、材料費込み)

 

 

宿泊会、ワークショップのご予約は佐藤祐介(edelweiss.yusuke@gmail.com)までお願いします。

 

 

 

¡ Mano a mano !(マノ・ア・マノ)

 

写真は、ひとりきりで、撮るものだと思っていた。

僕じゃなきゃ、いけないような。

太陽と出会ったら、自分には似合わない土地を踏んでいる。

調和だけ考えて、訪れなかったのが平和なら。

足りなかったものは、もっと認め合い、対決することだ。

手と手で、色彩を合わせ、互角の情熱に会うために。

僕だけじゃ、いけないよな。

写真は、似合わなかった色をまとい、君との対決を待っている。

 

Yusuke Sato(http://yusuke-sato.com

 

中南米で話されるスペイン語、la mano は手を表し、mano a mano は、素手で、1対1の対決、互角の、二人きりで、一緒に頑張る、五分五分、引き分け、様々な意味があります。

 

 

旅に行けば必ずその土地の産物を買う

連れて帰りたい、という直感

贈りたい人がいる、という気持ち

それが大事

そうすると自然と導かれる

 

東へ、西へ、南へ、北へ

日本の裏側へ

思えば随分遠くまで来たものだ

 

モノと出逢い、人と出逢う

そしてその国のことを少しずつ知っていく

いつしかそれを伝えたいが強くなってきた

 

ねぇ見て!こんな素敵なモノがあったよ!

 

一緒に旅した仲間を手渡す時

その物語も一緒に伝えたい

 

そしてこの先の旅はあなたと

 

ユッコ商店(facebook ユッコ商店

 

 

#3335-16-02 /  Mercado de Abastos

at 00:30, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

#3258-0402 到着






旧フォトログでの臨時旅日記、たくさん見てもらえたようで、ありがとうございました。

人に言葉を伝える際、ですます調はなかなか便利だなあと、常に思っていました。

旅=Wi-Fi の現在、キューバで更新できなかったのは、とてもよかったと思います。

これからはまた、通常サイト内、新ブログでの更新を続けます。

http://yusuke-sato.com


今回もゆっこの旅日記や、うまかったもんベスト40はあるのでしょうか?

たぶんやらないかな…

それでは、また。


#0402 /  Yuyu 5

at 08:18, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

#3257-0401 メキシコシティー






嘘ではなく62日間の旅を終えようとしております。
キューバのハバナからメキシコシティーの空港に着き、7時間くらいの乗り継ぎ便待ちをあと少しで終えるところです。安い便だといつもこうなるのですが、煙草くらい吸わせてくれー。

キューバは退屈という言葉がぴったりの国でした。けどみんな元気に煙草をぷかぷか道端ぽーいという大変素晴らしい場所でした。

最後だけ空港の高いレストランで夕ごはんを食べたので、元気にあと13時間くらい寝ようと思います。

あと少しでネコ!
ぱんち!みゃち!
花見よりも、もふもふ、ぶにぶにしてー


#0401 / Estamos esperando

at 00:21, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

#3256-0314 トゥルム / カンクン






カンクンに到着、お昼過ぎ、トリッパ、頭、眼、舌、脳のタコスを食べました。
いつも屋台でビールなし(屋外飲み禁止なので)のタコスでしたが、今日はお店でコロナと一緒に。最高でした。

今日の夜も締めのタコス。明日空港に向かう前にも有名店のタコスを食べに行くつもりです。グラシアス、アディオス、メヒコー!


#0314 / Tacos

at 21:07, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

#3255-0313 トゥルム






見るだけと言いつつも、なかなか綺麗な水だったのでグラン・セノーテで泳いできました。朝着いた時は日本人若者の団体ツアーでいっぱいで、ここはウユニ塩湖かと思いました。流行りなんですね。

彼らが帰る頃、とっておきの下着(泉よりも綺麗です)でぷかり。竹富島以来1年ぶりに僕だけ泳ぎました。シュノーケルセットレンタルはパスポートが必要だと知らず、裸眼でゴーしましたが美しかったです。いえ、ゴーグルなき者の負け惜しみです。





トゥルム遺跡内にあるビーチにて、道山も竹富島以来、下着でゴーしました。
僕も足の届かないセノーテで疲れきっておりましたが、波にうたれながらなかなか楽しかったです。僕らカメラ4つも持ち歩いているので、ふたりで泳げないのは残念小吉でしたが、カリブ海バンザイでした。





明日はついにメキシコ最終地のカンクンに向かいます。今日もビールの販売時間にやや苦しみましたが、それ以外はなかなか快適な国でした。
そして明後日の夕方にはいよいよキューバ入国です。ずいぶん前に予約した格安航空券ですが、はたして…
僕にとっての写真旅はここから始まるかもしれません。ほとんどネットが使えないと思うので、ここで日記もしばらくお休みかな、となります。

4月のあたま、帰りの乗り継ぎメキシコシティーの空港で、旅の終了を書けたら書こうと思います。

アスタ・エル・アブリル!


#0313 / Gran Cenote / Costa de Tulum

at 22:42, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

#3254-0312 ピステ / チチェン / トゥルム






とうとうカリブ海の側までやってきました。欧米人に大人気のトゥルムに参上したところです。再びメキシコに来てタコスやらがうまいです。今日はマグロやらエビタコスを様々なソースで楽しみました。

この3日のうちのメキシコ初日、ゆっこの提案により相当な足早移動をしました。
グアテマラのフローレスから乗り合いバスと小舟でメキシコ国境を越え、タクシーまたミニバスで9時間の移動。
着いたパレンケにて汗だくになりながら夕方の遺跡を見て、すぐ夜行バスでメリダの町に明け方到着。さらにすぐバスを乗り換え、小さなピステの町でようやくゆっくり休めました。

このメキシコ6日間はどうも僕ではうまく計画できなかったのですが、ここにきてゆっこがカンクンの朝一番乗りセノーテ見たさから、激しくもこなしたらゆったりよい時間を過ごせるよい企画を編み出してくれました。ピステも今いるトゥルムも滞在するなんて思いもしなかった場所ですが、よい宿にもすんなり巡りあい、僕はただうんうん言いながら流されるまま流れ、心地良い新鮮な風を感じております。

一昨日は自然の芸術とも言えるセノーテの泉を。今日は人によってはメキシコ観光のハイライト、チチェン・イツァーに行きました。メリダやカンクンから観光バスやらで行くような場所ですが、我々はピステの町から2匹の犬と一緒に歩いて向かいました。ゆっこが2匹にいい名前つけたよ、あててみて。
チチェンとイツァーでしょ、はい正解。

今までの遺跡やパレンケの方が素晴らし過ぎたので、僕は終始ふーんという感じ。かつては生贄感満載だった怪しい都市もこうも観光化されるとただのテーマ・パークみたいな印象しか受けません。チチェン近くの小さな町、ピステでのんびりできたことの方がよかったです。子供たちも犬も猫も良くて沖縄の島にいるみたいな感じでした。

ここトゥルムも海が近づいただけあり、やはり人々も陽気で素晴らしい雰囲気です。ほんとはこういう場所で何日も過ごすのが正しいやり方でしょう。
なんとも楽しみな展開になってきたところですが、もう3日後にはキューバに飛ばなければなりません。明日はまた違うグラン・セノーテを見て(泳いで潜って水中カメラでなんぼの場所ですが、見るだけ)我々は水着なんて持っていないのですが、恒例の下着でスイムを海の方で楽しもうと思います!うおー海だー!

南米旅もそうでしたが、旅も後半になると、必ずみゃちみたいな猫に出会うみたいです。かわいかったなあ…(ひどいぜ、父ちゃん!)





#0312 / Cena / Posada Olalde

at 23:18, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

#3253-0309 フローレス






グアテマラで最後の夜を迎えています。外は風が吹き涼しいですが、なぜか部屋だけは蒸し暑いです。
今日ほどのんびり過ごした日は今までなかったんじゃないでしょうか。でもこれも陸路メキシコ入国での滞在日数の税金対策なのでした。

でも今日ゆっこが隣国ベリーズについて2015年より日本人はビザが要らなくなったという情報を見て、見たいと思っていたブルーホール(海の一部に穴が開いてるみたいな)に行くこともだいぶ検討しました。
これからのマヤ遺跡ラッシュを諦め、セスナ機で遊覧飛行、後にカンクンもいいかなあと思いましたが、ひとり250ドル。帰ってからの生活を思うとこれは無理でした。もうメキシコ行きのバスチケットも買っていて、もし払い戻し可能だったら、僕らはまったく予定していなかったベリーズにノリで向かっていたかもしれません。
ゆっこは旅がこのくらい進むと結構いいアイデアを出してきます。南米旅の時も突如ナスカに行ってなかなかよかった。でも今回はちょっとだけ時遅し。これはまた次回以降の旅にまわして(まわしたのいくつある?)今回はマヤづくしを堪能しながらのルートをこのまま進みます。でも惜しかったなあ。

今日は欧米人のごとく半裸で宿のテラスで肌を焼きました。顔と腕の片面だけ焼けてあとはまっちろ不自然極まりないので。カンクン、キューバに行く前に全身に太陽を浴びさせたく。すぐに汗が噴き出し、冷たいシャワーを浴び、また焼きにかかりを繰り返しました。これはなかなか気持ちよかった。徐々に身体を僕の好きな南国仕様にしていきます。

最後のグアテマラなので1番高いビールを選びました。ニワトリビールがやはり美味しかったです。アイスもいつもはふたりで小さいのひとつでしたが、今日はダブル、夕食後にもシングルひとつずつのよい休養日となりました。

フローレスは今まで見てきたグアテマラ感がほとんどありません。やっぱり西部山岳地方とアティトラン湖周辺が大変よかったのと、あとはウエウエテナンゴの喧騒感が実に印象に残っています。

グラシアス、アディオス、グアテマラ!





#0309 / gallo / helados

at 21:11, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

#3252-0308 フローレス / ティカル






ペテン・イツァー湖のフローレス島よりブエナス・ノーチェス!

事は順調過ぎて、今日もグアテマラ観光のハイライト的存在、ティカル遺跡を見学してきました。
拠点となるフローレスから朝4時半の乗り合いバスで1時間、熱帯ジャングルの早朝は想像していたより涼しく、遠くから獣や猿の雄叫びや様々な鳥の声が聞こえムード満点でした。早朝の靄の中に浮かび上がるロケットみたいな遺跡群、もう漏らしたくなるくらいの感動でした。遺跡に興味のないゆっこも相当楽しめたみたいです。





一昨日はチキムラから2時間ほどのまったく存在を知らなかったロス・アマテスに宿をとり、キリグア遺跡も見学しました。感無量です。





町に3つほどしかなかったロス・アマテスの超安宿、トタン屋根、蚊に蟻、蒸し暑く、シャワートイレ屋外の今までで最悪のホスピタリティ。ゆっこはこういう宿でもまったくノ・プロブレマ。キャンプみたいでなかなか楽しいところでした。

こちらは真夏の沖縄みたいな気候になってきました。夜は蒸し暑くて寝苦しいのですが、ゆっこはいつもあっという間に寝てしまえるので少々うらやましかです。わたしは昨夜尻にも蚊に刺されました。線香炊いても夜中には消えるので、結局さされまくりです。





明日はフローレスでジーンズ洗ったりの完全休養、明後日再びメキシコに入国し、ジャングル地帯パレンケに移動します。グアテマラ生活もあと1日、あまり美しいとは思わなかったけど、旅らしい旅にふさわしい国だと思いました。楽しかったなあ…。


#0308 / Tikal / Quirigua / Los Amates / Descanzo

at 20:18, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

#3251-0305 チキムラ / エスキプーラス

 





オッス!、Hola 悟空!
昨夜は久しぶりにテレビをつけて、ドラゴンボールZ(セタ)改を真剣に見ました。中南米や以前のイースター島でもみんな知ってましたので、カメハメ波を喰らわないように気を消しながら旅しています。オラ悟空がスペイン語でちゃんと日常挨拶になっていて大笑いの夜でした。声優がハリウッド的でなんとも危うい感じでしたが…

今日はなにをするでもなく寝て過ごそうかという案もありましたが、乗り合いワゴンで1時間半のエスキプーラスに行きました。
メキシコ国民の拠り所がグアダルーペ寺院であれば、グアテマラではエスキプーラス寺院になります。結構最果てな場所にあるんですね。
ここの祭壇奥には黒いキリスト像があり、着いて広場にものすごい列があると思ったらみなさんそれに対面するために並んでいるようです。列を作る国民性ではないはずなのですが、前の家族に聞いたら来るのは年に1回、3月後半のセマナ・サンタの時期にたくさんの人々が家族ではるばるこの田舎町までやってくるそうです。まだ本番の週ではないのですが、混まない今のうちでも相当混んでいました。土曜日だったこともあり。

白い大きな寺院でなんだかディズニーランドのシンデレラ城に3時間待ちですみたいな雰囲気。ファスト・パスもないけどどうする?なんて迷う間もなく我々も一員になりました。観光客なんてまったくおりません。チーナ(中国人)がいるぞと大注目で、前の家族たちにはみっちり3時間からまれました。芝生にあった植物のめちゃくちゃ辛い実を食べさせられたり、まわりで笑いが起こりました。

グアテマラの人々の信仰心を目の当たりにしながら、3時間並んでキリスト像と対面するのはたった2分。像の近くは小さな回廊になっていて、みなさんしばしうっとりした後、帰りは後ろ向きに歩いて十字を切りながら退室しました。

並ぶのは動き回るより疲れました。仙豆があったら恵んで欲しいお疲れモードです。やれやれな1日でしたが、今までにはない感じでこの国の人々を見れたのでなかなかよかったです。





#0305 / Alumerzo / Esquipulas

 

at 19:51, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

#3250-0304 コパン・ルイナス / チキムラ






再びグアテマラに入国し、国境からミニバスで2時間くらいのチキムラにやってきました。風を感じながら各集落に停まり、のんびりしたツアーバスみたいな感じでした。もちろん風は様々な臭い匂いも運んでくれるのですが。

チキムラは観光地ではなくかなり庶民的な町ですが、再スタートを切るべき町としてはなかなかよい感じです。でも市場のスピーカーからズンドコビート大音量で耳がわるくなりそう、はやく音楽の宝石箱キューバに行きたいものです。

標高は低く今日は雨雲も見かけたのでだんだん蒸し暑くなり、環境変化に弱いゆっこは夕寝中です。ずいぶん前に彼女のザックカバーもチキンバス荷台から風に飛ばされ、荷物も旅の半ばにして100%以上、半身創痍の道山友紀子です。

僕も昨日の移動で疲れてます。チキムラの宿に着いてすぐ仮眠してこのまま天国に行けそうな状態でした。今はビールによって眼はちゃんと開いています。

今回の旅は以前の南米旅のように観光的ハイライトはない分、旅の可能性はより広がりそうなのですが、その分迷いも生まれます。
あと10日くらいで陸路でメキシコのカンクンに行かなければならないのですが、残すキリグア遺跡、ティカル遺跡、パレンケ遺跡、チチェン・イツァー遺跡を見ながら、かつメキシコ滞在を6日以内に抑えたく(7日以上で出入国税がかかるみたいなので)これは暑い遺跡見学の中でしんどそうだなあと思います。

この3日くらいは特によく休みながら、お互いよい状態でキューバに向かいたいところ。無理をしないことはなかなか難しい。何か変化の兆しを見つけるための、旅の後半としたいです。





#0304 / Contra las lluvia / Frito de pescado

at 18:07, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

#3249-0303 アンティグア / コパン・ルイナス






ホンジュラスのコパン遺跡、メトロン星の鳥さんが宇宙から出迎えてくれました。





遺跡は感動しました。楽しみにしていた場所なので、到着後すぐ疲労の中がんばって歩きました。芸術的な彫刻もすごいのですが、それを取り囲む木々の方がやばいなと思いました。屋久島の気配と少し重なりました。





遺跡はレプリカが多々なのですが、ホンモノが沢山ある彫刻博物館はやばいやばいやばい。2、3日通い詰めたいところですが、明日はもう再びグアテマラに戻ります。ゆっこはくたびれてすぐ寝ました。いつも9時に寝てます。僕は11時過ぎくらい。

旅に出てから、ふだんはまったくみない夢をよくみます。決まって一晩に1人だけ、大切な友人が登場するのです。日替わりで違う人なのです。それが何日も何日も続いています。ここに書くとそれが途切れるかもしれないので、書きたくなかったけど書いてます。
昨日今日、親愛なる友人たちからよいメールが立て続けに届いたので、ぼんやり帰国後のことも考えてから寝ようと思います。

今日はこちらの日付けで我が息子猫みゃちの4歳の誕生日でした。あと1カ月待っててにゃ〜!


#0303 / Metron / Copan / Museo

at 21:46, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

#3248-0302 アンティグア






ちょっとだけ寄るつもりだったアンティグアでしたが、予定より1日多く過ごすことになりました。あまりに居心地がよいのであと数日はいたいのですが、中旬のキューバ行きの飛行機は決まっていて、カンクンの空港までまだ遠いので、明日出発です。

今日も僕は朝から修道院遺跡へ、ゆっこはだめ押しに珈琲豆を探したり、大きな民芸品土産屋で刺繍生地を買いました。

遺跡は朝からカップルたちが入場料を払ってでも、奥の方で熱愛しています。そんな中で真面目に遺跡を撮る僕なのでした。まったく隙だらけなので長時間口づけしているカップルを近くから撮ってみました。かなりシャッター音も響きますが、てんでこちらの存在など気にかけていないご様子でした。いったい僕はなにをしに来ているのでしょう。

昨日今日の2日間、頑張っておそらく20以上の教会、修道院、各廃墟を見てまわりました。こんな観光客も珍しいと思います。ゆっこもまた買い付けをしちゃったので、ゆうすけくんの趣味ならばとよく付き合ってくれました。
いい写真、たくさん撮れたなあ…、あとでこの写真はどの教会だっけとなること間違いなしです。

今日の昼めしは大当たり、まじでうまかったです。マックセットよりも安いのにパンにトルティーヤ、サラダ、じゃがバター肉魚にデザートとフルコースみたいでした。ふたりだと食事はやはり相当楽しめますね。

それにしてもこのあたりの人々は昼間から噴水広場やらでチュッチュチュッチュしています。われわれはアイスなんかを食べながら彼らのことをブッチュップルと名付けました。

明日はなんと深夜3時に起きて、4時の乗り合いバスに乗り9時間の道のり、ホンジュラスのコパン・ルイナスの町に参上します。日記なんて書いている場合ではありません。
ムチャスグラシアス、過ごしやすかった古都アンティグア!





#0302 / Alumuerzo / Fuente de chichi

at 19:16, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

#3247-0301 アンティグア






世界遺産の町アンティグア、先進国の人々にとってはだいぶ過ごしやすい感じです。スペイン語の学校もたくさんあって中南米ではこういう場所である程度学んでから旅に出る人もたくさんいるらしいです。オシャレな雰囲気の中で今までたくさん見てきた民族衣装を着た物売りのおばちゃんたちもいますが、彼女たちにとってこの洗練具合はどう見えるかな?、新旧入り混じる町でそんなことを思いました。

この町は僕の好きな教会や修道院の廃墟天国です。中には入場料を払わないと見れない場所もありますが、今日は僕だけいくつか入場してきました。ゆっこは自分の興味のないものにお金を払う人ではありませんから、僕が見ている間はどこかで休憩待機します。確かに洗練された町で有名な遺跡ならともかく廃墟を見る人は稀で、今日は静かな中、男性カップルが仲良く写真を撮りあったり、中年カップルが奥の方でいちゃいちゃしていました。僕は僕でドラクエの祠の音楽を頭の中でかけたりしています。いいんですよこれが。牢を開けたら旅の扉が出てきそうで。

今日は中米初マック。気軽な無料トイレとして今までたくさん世話になってます。ここのマクドナルドは中庭付きでオシャレ極まりないゴージャスな内装でよい休憩ができました。まったく入れようと思えば300人くらいは入るんじゃないでしょうか。

今日は僕の好きなように時間を使いましたが、ある意味闘いを終えたゆっこはずっとぼんやりモード。僕の興味のあるものは基本ゆっこは眠そうにしています。
しかし夕方にこれぞグアテマラの宝石箱やという大きなお土産屋に出会ってしまい、突然眼が見開かれました。マヤの古着も山のごとし。気づいたら彼女の腕に何枚か重いウィピルがのっておりましたとさ。うーむ。

ここアンティグアの宿も、巡り巡って辿りついたところですが、新しくて、物干し場から今も噴火しているフエゴ火山が見えたり(遠くですが夜にはマグマが流れたり、噴火の瞬間も綺麗に見えます)、バイトの青年もなかなか爽やかで、今までの宿の中では安いながらかなり最高な待遇です。なんせミネラルウォーターのタンクがあり熱湯にもなります。そんな素晴らしい洗練された環境ならば、今夜はカップ麺、明日夜もカップ麺しかないでしょう。エビが小さいダンゴムシ程度なんですけどね…

こちらも3月になりました。この旅はこれからグアテマラ東部に向かい、2日間だけホンジュラスへ。その後ティカル遺跡のある北部に向かい、再び陸路でメキシコを目指します。標高も通常に戻るので真夏のような1カ月を過ごすでしょう。もう半分なのか、まだ半分なのか、旅がふつうの状態になるとよくわからないものです。





#0301 / Cerro de la cruz / Donaldo

at 20:54, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

#3246-0229 パナ / アンティグア






グアテマラの古都アンティグアからブエナス・ノーチェス!

予定より1日早くパナに戻ったので、民芸品の郵送もゆったりできました。大きめのダンボール2箱、それぞれ18キロと14キロ、莫大な金額になりましたが、確実な印象を受けましたので、我々の帰国と一緒に届きそうです。日頃倹約家のゆっこも投資をしたということでしょう。かつて僕が写真にそうしたように。とにかくこれで文字通り肩の荷が降りました。それでも割れ物や珈琲食品土産により、ザックに前掛け小リュックの状態はあと1カ月は続きます。

郵送した後は、チキンバスを3度も乗り換えてグアテマラかつての首都アンティグアにやってきました。楽しかったこのぎゅうぎゅうバスでの移動や、素敵な民族衣装の人々ともお別れです。
今日の移動は1時間以上は8割方空気イス状態で左右に揺られ、4本目は運転手近くのフロントガラスにへばり付きながらの移動となりました。これが最もグアテマラだと思います。今日の移動が1番エキサイティングでよい思い出になりました。

アンティグアは古都の趣きがありながら、とても洗練された街です。ようやく2016年なんだなーと実感できました。僕はなんにもない素朴な村々が好きですが、こういう場所もとにかく大好きです。古い教会や修道院の廃墟がたくさんあって、ドラクエでいうとメルキドみたい。明日はしらみつぶしに見ていきたいと思います。

ゆっこの民芸品ハンティングもここまで。はたしてこの先、買い物なしに彼女は大丈夫かなあという心配もありますが、もう狂うほど買いました。彼女自身も、もう見ないようにする、だそうです。今日は市場やスーパーで食材を買いました。高いミチェラーダのトマト味ビールを買ってみましたが、いまいち…





#0229 / Correo / Cena sobre la cama

at 20:41, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

#3245-0228 サン・ペドロ / サンティアゴ・アティトラン / サンルーカス・トリマン / パナ






サンティアゴ・アティトランにて。今日もオラオラ絡まれてます。





サン・ルーカス・トリマンで昼。スープにはずれなし。





今日は予定を変更して、パナハッチェルに戻ってきました。だいたい湖一周まわりました。パナは屋台が美味しい。2回目のエンチラーダス、さわやかでよいです。





ホテルの部屋がもはや事務所的に。ドキドキしながら明日郵送します。3万円近くいっちゃうかも…


#0228 / Santiago / Almuelzo / Enchiradas / Cuarto de cuarto

at 20:38, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

#3244-0227 サン・ペドロ / サン・フアン・ラ・ラグーナ






アティトラン湖周辺の集落めぐり、今日はたぶん密かに蓄積されてきたような疲れを抜きたく、朝にゆったりカフェコーヒーとタバコ、のんびりお隣の集落、サン・フアン・ラ・ラグーナまで散歩しました。

思えばオアハカからサンクリ、ウエウエ、パナ、狭い道路に人も車もバイクもトゥクトゥクも犬も溢れ、歩きにくい石畳の道を日がな歩いてきたので、今日の田舎道散歩は必要だったなあと思います。
こじんまりとした集落の雰囲気も素晴らしく、とにかく穏やかな人たちばかりで、とてもリラックスできました。
そして今まで見れなかったような、この集落ならではの自然染めの優しい色合いの民芸品がたくさんあって、ゆっこだけでなく僕の中古アンテナもぴぴっと反応しました。

毎日飲まなきゃ気が済まないコーヒーは湖にきてようやく飲み始めています。でも日々自分が飲むコーヒーを越すものはたぶん現れそうにありません。疲れてると甘いラテ系が美味しいです。でもスリーエフのグアテマラ珈琲をここでみんなに飲んでもらったら、こちらの人はびっくりするかもしれませんね。

今日は戸越民宿三銃士の珈琲職人のために、煎る前の茶色じゃない豆を1キロ弱購入しました。山岳地帯のサンティアゴ・チマルテナンゴでも煎る前の豆の前の豆をかなりぼそぼその状態で少し買っていたのですが、今日買ったやつが良さそうですね。まだまだ見つけたら買ってお土産で渡してみようと思います。これは郵送では怪しまれそうなのでもちろん手荷物で。

今日はふたりで牛の歩みで自然に溶け込む中、じわじわ余計な成分が放出している感じがわかりました。サン・ペドロに戻ってお互いちゃんと駄目押しのシエスタもしたので、明日以降、日記なんて書く気力も残さずに、またずんずんと進もうと思います。

明日の日曜は、先住民的な大きな町、サンティアゴ・アティトランの市、ゆっこお気に入り刺繍の衣装の村、サン・ルーカス・トリマンに参上します。宿は良さげなとこが調べてもなく、軽い荷物ならではの判断も楽しめそうです。





#0227 / Brahva extra / Cafe de San Juan

at 18:41, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

#3243-0226 パナ / サン・ペドロ・ラ・ラグーナ






今日は朝から大忙し。今まで買ってきた民芸品を持って、重さを量りにまずは郵便局へ。割れ物は送りませんが、なんと11キロ。普通のダンボールだと全部入らないので何度も大型スーパーに行って特大のをゲットしてきました。20キロまで送れるのですが、もう少し増えることでしょう。15キロなら1450ケツァール、軽く2万円越えです。こちらで安く買えても他所に行けば高くなるはずです。

その後すぐ9時から始まるマヤの古着市へ。昨日も会ったフランシスカの出店で帯や何かに使えそうな生地やらを1200ケツァール分(18000円)買いました。ちなみに僕は少しも出資はしておりません。けど重い荷物を持ったりということで、毎日のビールが配給されています。最近は1日2本までになりました、ありがとうございます。

宿に大きな荷物を預け、高速船に乗って対岸の町、サン・ペドロ・ラ・ラグーナに向かい少しこちら岸で滞在します。湖を跳ねながら30分程度、今までの沖縄の旅みたいでした。
ここは宿代が安いのでバックパッカーの溜まり場みたいな感じがあります。沖縄でナイチャーがオシャレな店をやる雰囲気も少し似ています。でもここではあくまで欧米的なのでアクセサリー、ハンバーガーにピザという感じでしょうか。
僕らが着いた後、集落のおばあちゃんの葬式があり、狭い路地から教会へ、その後お墓に向かう行列を見かけました。演奏付きでとても盛大で、教会では合唱、テレビカメラも回していたので、いったいどんな人だったのでしょう。

今日の宿は安いながら見晴らしのよい場所で湖が見渡せます。夜は昨日まで僕らが回った集落のおぼろげな灯りも見えて、とてもよい感じです。
ボロいけどオープン共同キッチンがあり、夕食はラーメン食べたいと一致したのでスーパーで乾麺、市場で玉ねぎとアボカドを買って食べました。ここにきてようやく自炊して、なんだか懐かしかったです。東京では2日に1回はふたりで夜鳴きラーメン作って食べる習慣があるので。

ここはのんびりしたムードなので、明日も隣の集落まで歩いたり、なんにもないを楽しもうと思います。





#0226 / Fransisca / Laky Men

at 18:55, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

#3242-0225 パナ / チチカステナンゴ






木曜は湖から離れた山あいのチチカステナンゴの市場の立つ日です。山岳地帯と湖周辺の村々は、市の曜日が決まっていて、完全にそれに合わせかつ揺れるぎゅうぎゅうバスを何度も乗り換え、体力気力の勝負となります。

事前に行動順も決めておかないと、ただのんびりして終わる魔力がこの湖周辺には漂っています。若いヒッピーの聖地ゾーンもあります。ヨガ瞑想系。もちろん私たちは近寄りません。

チチカステナンゴはちょっと呪術的な教会があったり、儀式村としても有名になりツアー観光客も沢山きてました。10年前くらいに行っていたら、滞在もしたくなっていたでしょう。市場でおばちゃんたちが値段を英語で言っているのを聞くとちょっと残念小吉です。でも教会の中はものすごい気配に包まれており、撮っちゃいけないと知らずに魂を込めて何枚か撮っちゃいました。その後ちゃんと献金もしましたよ…
メルカドではトルティーヤ娘たちが生地をぱんぱんぱん、いつも食べているトルティーヤですが、今日のは素朴で温かみがありものすごく美味しかったです。

今日はチチ(カステナンゴ)で、パナハッチェル古着市のゆっこのアミーガ、フランシスカとばったり再会しました。あの後、ちゃんと一緒に写真を撮っておけば良かったと言っていたら見事にそうなりました。色々な市で日々移動しながら働いているんですね、この国も特に女性がたくましいです。
これは嬉しい再会でしたが、変わらずゴリ押しのフランシスカ、またいくつかを購入することになっちゃいました。明日は金曜日でパナの古着市(週に2度)があるので、明日も消防署前に行くことになりそうです。火の車になりませんように…

パナでは、夕方にスーパーに行きキンキンのビール(70円ほど)ポジョとポテト、つまりケンタッキー(150円ほど)を毎日のように食べております。うまい。大好き。





明日は大荷物はパナの宿に預けて、ボートで対岸にある町に移動します。ほんと毎日がドラクエみたい。


#0225 / Alumuelso / Cena

at 17:00, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

#3241-0224 パナ / サンタ・カタリーナ・パロポ / サン・アントニオ・パロポ






サンタ・カタリーナ・パロポでセビッチェ。南米でも食べたけど嬉しいベスト更新。久しぶりにすっぱいの食べたら感動しました。





ぜひ行きたかったサン・アントニオ・パロポで何枚目かの青いウィピル、全身セットの購入。村人たちが徐々に自分の家から品物を持って集まり、ゆっこに集中攻撃。ゆっこの同世代の人がオシャレな着合わせ方を伝授してくれました。





これ似合いそうな人、自分らのまわりにはたくさんいるだろうなあ。


#0224 / Cebiche / San Antonio Palopo / Antonio Yukko

at 21:45, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

#3240-0223 パナハッチェル






パナハッチェルありんこ大行進の安宿からブエナス・ノーチェス!

今日火曜日は、パナハッチェル消防署前でマヤの古着市がたつ日でした。我々は朝9時の開始前からスタンバイ、刺繍の山々に戸惑いながら眼をならし、他のお客さんも多くない中でゆっくり品定めできました。足の踏み場もないなあと思っていたら、商品の上を歩いてもノ・プロブレマ。パセ。アデランテ。

ゆっこの鷹だか鳶のような眼はセニョーラ・フランシスカの出店に向けられ、彼女との勝負と相成りました。もちろん超まとめ買いによる大幅デスクエント作戦です。

目星をつけたウィピルやポーチ、次々と積み重なりました。ゴング鳴りわずかな時間だったように思います。これが女性の買い付けようとする集中力だなあと感嘆しました。最初に持ってきた700ケツァール(1万円以上)では足りず、銀行でケツァール最大額をキャッシング、すぐ戻ると言いつつも、宿に戻りうんちをしたりのんびり昼ごはんを食べ、終盤まで顔を出さずにフランシスカを焦らせてみたり。我々が戻った時の彼女のほっとした表情、人間臭い感じがとてもよかったなあ。それはそうです。家族の生活がかかっています。

そして我が彼女も、買いもかったり、買うこととみつけたり。計算機たたくのはやいはやいはやい。
対フランシスカは終盤にはとても友好的な関係となっており(これだけ眼を輝かせながら長時間みていればね)、お互い納得のいく数字で成立しました。最後にはあなたの好きなものをひとつ贈るわみたいになり、なんだったんだ朝9時から14時までのこの闘いは、と私なんかは思いました。フランシスカの家族は今日は間違いなく朝まで宴会をやっていることでしょう。

闘い終えたゆっこは夕方以降は魂が抜けた感じです。今日は身体でなく頭を使って、いつもあんなに食べるのに、今夜はお腹が空いてるのかよくわからないとまで言いました。

大観光地パナハッチェルでまさかこんなに買うことになるとは思いもしませんでした。すべて手仕事で高価なものをそれほどの古着感もなく購入、また求めやすい小ポーチなども68個迷わずに。あれなんか突然プロっぽくなってませんか!?
でも今日の僕は、ある意味世界文化遺産的なやりとりを近くで堪能することができて、つきあってやってるよーみたいな意識もなく楽しめました。やったなあ、そのひとことに尽きます。





#0223 / Artesania vieja de Maya / Versus. Francisca

at 21:45, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

#3239-0222 ウエウエテナンゴ / パナハッチェル






旅らしい旅になってきたとたん、日記もごぶさたになりました。WiFiつながらない方がいい感じみたいです。

オアハカの1日ツアーからサン・クリストバル・デ・ラス・カサス、周辺の村サンファン・チャムラ、シナカンタン、テネハパ、国境を越えてグアテマラへ、ウエウエテナンゴ、山岳地帯のトドス・サントス・クチュマタン、サンファン・アティタン、サンティアゴ・チマルテナンゴ、またウエウエテナンゴからアティトラン湖のパナハッチェルにやってきたところです。

ずいぶんたくさんの村々を当たり外れの中で楽しみました。山々では子供たちに笑顔で逃げられ、村の娘のキンセ・アニョス(向こうの成人式)の屋外畑パーティーになぜか参加してきたり、いい感じの写真も撮れたかなと思います。

さて、旅らしい旅になってくると、お互いiPod touchで写真なんか撮ってられっかとなり(撮った後に撮るのは実にめんどくさい)これからは今日のごはんでも載っけるしかないなあ、という感じになっています。

明日からまたゆっこの買い物狂いを見て楽しもうと思います。





#0222 / Lago de Atitlan / Mujeles de Santa Catarina

at 21:24, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

#3238-0215 オアハカ






今日もオアハカよりブエナス・ノーチェス!
ホテルチョコラテでの最後の夜を迎えています。今日も午前中は買い物(とても素晴らしい買い物ができました)、昼過ぎにシエスタ、夕方に近くの鶏肉屋で焼きたてポジョを持ち帰りにし、宿の屋上テラスで美しい夕焼けを見ながらの夕食でした。
ホテルの若いスタッフたちに愛想はなかったものの、4日間この屋上には救われました。近くの丘の斜面の家々の灯りが綺麗に見えて、目の前の通りを行き交う人々を見ながら、タバコを吸うシチュエーションとしても最高でした。ひとつ前のプエブラのホテルでは、いちいち3階から表に出たり、シャワー場の小さな小窓から煙を出すしかなかったので。これはとにかく大事なんですよー、ひとりでぼんやりした時間を過ごすのは。

今日はゆっこのシエスタ中にひとりで近所を歩きました。どうも自分なりの写真がまったく撮れていないことばかり考えているので。
車の下で3匹の犬が気持ち良さげにシエスタしているところ、少し離れたところから撮った後、いきなり襲いかかってこられて大変でした。撮ったんだからペソくれペソは、どうやら犬の世界にもあるようです。いえ、単に獲物を仕留めようとするオーラを放出し過ぎただけですが。これでわかりました。調子はまだ上がっていないようです。

ふたり旅ならではの、目的地まで一直線、足早ゆっこのペースに合わせる写真もいいんですが、この先ひとりで歩く時間も多少は増やしていきたいと思っています。自分のペースで歩かないと、らしい写真は全く撮れないと当たり前のこと、この1時間ほどで実感できました。僕は目的地は決めないで、呼ばれてそうな方向にふらふら歩き出すやりかたを10年以上は続けてきたんだと思います。

オアハカの中心部の道はだいぶ歩いたので、明日はちょっとした1日観光ツアーに参加して楽しようと思います。アメリカ大陸で最大と言われる巨木を見て、織物の工房、サポテコ人のミトラ遺跡、イエルベ渓谷地帯、メスカル酒の工場、これだけ見て結構安いんですよね。その後は宿の屋上でのんびりビールしたいところですが、バスの時間の都合ですぐターミナルに向かい、夜行バスで次の町に向かいます。

チョコラテホテルでの僕の寝相です。なぜにこうなるのでしょう。





#0215 / Posada Chocolate / Oaxaca

at 21:25, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

#3237-0214 オアハカ






オアハカより、フェリス・アミスターッ!、今日はこちらでのバレンタインでした。町全体にとても穏やかな空気が流れる日曜日。人々はプレゼント用の花を買い、友達や家族、恋人たちと、楽しそうに広場でくつろいでいました。東京にはまずない感じの町全体的な明るさですね。

昨日はこれぞ観光客といわんばかり、激しく動きました。古代サポテコ人の遺跡モンテ・アルバン。広大な敷地の迷路のようなアバストス市場をぐるぐる、こちらの食品市場はまるでアジア(行ったことない)のような混沌ぶりでいいなあと思いました。その後は町に無数にあるオシャレ民芸品店や教会巡り。ゆっこの嗅覚は素晴らしく、ふと入ったところに求めているものがしっかりあったりします。これも才能なんでしょうか。たくさん歩いたので、昨夜はたいへん美味しい焼肉をたくさん食べました。こうなったらグアテマラに入る前に、もうとことん食べておきましょう。

今日はバスで1時間の近郊の町、トラコルーラの日曜市を見学しました。午前中から子山羊汁を食べました。夕方に休んだ後に軽めの散歩、そして今夜はここまでのゆっこの仕入れ土産を整理しました。彼女のザックはもう100%以上に達しております、はい。長期の旅で先を思うと大変しんどい話ですが、今回は彼女の意気込みを激しく感じるので、それでいいのです。少し行程を楽なものに変更しながら、マイペースで少しずつ移動できればよいなと思い始めました。

オアハカの日差しで、特に僕はもう真っ黒に日焼けしてます。今日は30℃もあったみたいです。でもとてもさわやかな風が吹くので気持ちのよい季節です。高い建物もないので、この町は眩しい夕日がとてもよく似合います。明日ものんびりできるので、引き続き食いしん坊ばんざいを続けたいと思います。いちおうゆっこの予約したチョコラテホテルからお送りしました。





#0214 / Tolacorula / Artesanias de Yukko

at 23:10, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

#3236-0213 オアハカ






朝は近くの市場のチョコラテ。





お弁当に持っていこうとしたアボカドサンド、出発前に食べちゃった。





昼にアバストス市場で数日ぶりにタコス、トリッパとセボージャ。





おやつに市場で海鮮カクテル。チリなしだと甘いです。





夕食は近所の市場で焼肉、その場で焼いてくれてテーブルで食べます。





写真旅のはずが、買い物グルメ旅になっちゃってます…


#0213 / Hoy las comidas

at 22:29, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

#3235-0212 プエブラ / オアハカ






今日は少しの滞在だったプエブラからオアハカに夕方着きました。宿はずいぶん前に唯一予約したところでしたが、まるで効いてなかった模様です。旅らしい旅になってきた、ということでしょう。

チョコラテ専門通りのチョコラテホテル、常に吹き抜けから甘い香りが漂って明日の朝はこれで決まりです。

今まではとても観光地にいる雰囲気でしたが、突然気配は変わりました(立派な観光地ですが)。夕方に少し歩いただけですが、人間味が町全体に溢れている感じです。市場とか相当おもしろそうです。これはスリにも気を付けなきゃいけません。この夜は無意味な打ち上げ爆竹が鳴ったり、通りが詰まって渋滞してクラクションばんばん。来たなあ、と思いました(なにが)。

オアハカではあと4日間過ごします。ゆっこにとってのメキシコハイライトになりそうで、僕は根気よく彼女の民芸品仕入れのサポートをしようと思います。
荷物は8割方埋まってますが、今月末にグアテマラからこわごわと郵送するので大丈夫かと気楽に考えております。

今日はなんだか色々とうまくいきました。メキシコの人が親切だからです。そして旅の流れみたいなものが見えてくるようになると、なんだかワクワクします。ようやくこの国にも慣れて、はやくも溶け込み始めたかなあ、という感覚です。こういう時なんですよね、写真の調子が上がってくるのって。明日以降はさらに動き回る日々となるでしょう。

では、ブエナス・ノーチェス。





#0212 / En el autobus

at 22:12, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

#3234-0211 チョルーラ / プエブラ






今夜もプエブラ歴史地区よりブエナス・ノーチェス!

とても気持ちのよい朝、シエテ・オンセ(セブンイレブン)でモカ・ラテを飲み、近郊のチョルーラへバスでガタンがたんと出掛けました。

かつての大神殿の丘の上に美しい教会が建てられたメキシコならではの遺跡があり、丘からの眺めも素晴らしく、メキシコで2番目に高いポポカテペトル山(5800m〜)も綺麗に見えました。ここまで過ごした場所は2000m以上なので富士山くらいに見えるのですが。

シティーのタコス天国、グアナファトのシエスタ天国、プエブラとチョルーラでは教会天国、という展開です。プエブラのサント・ドミンゴ教会のロサリオ礼拝堂の金箔バロック装飾は、もう腰が砕けそうになりました。なんども十字を切っていたら、ゆっこに形だけならやらないの、ともっともな指導を受けました。今日だけで教会10件(?)は入場したと思います。厳かな場所にくると、まわりにいる人たちの手がなにをしているかを思わず観察してしまいます。僕は両手にカメラを持って強く握るクセがあるみたいです。

グアナファトでは控えめにしていたゆっこの土産屋、民芸品市場漁りも復活し、またしても歩きに歩いた1日でした。それにしてもここまで、ほんとによく食べてます。東京での生活とは真逆、その分運動しているんですかね。

さっき、この旅が以前の南米旅だったら今どのあたりにいるかなあ、という話をしていたら、まだまったくの序章にいるということが実感できました。景色はもう見慣れたもので、あの町とあの町合わせたらこんな感じだな、みたいな計算もできるようになります。その中でなにを見つめるようになれるか、この先は少しそんなことを意識してみようかなと思います。

明日はプエブラからさらに南東の方向へバスで5時間ほど、たぶん僕らにとってのメキシコ、オアハカに向かいます。ゆっこはまさに買いもの天国、持参したドルはもうほとんどありませんが、得意のキャッシング天国とあいなります。アーメン…





#0211 / Cholula / Capilla de Rosario

at 22:36, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

#3233-0210 グアナ / シティー / プエブラ






プエブラ歴史地区よりブエナス・ノーチェス!

グアナファトの朝日から、大小4本のバスでメキシコシティーの東南の都市プエブラまで、ずっと移動の連続でした。

疲れました。ちょっとした移動はタクシーが便利ですが、通勤帰宅時間の市バスを選ぶと大変です。どこで乗るかも降りるかも、聞いたり堪を働かせたり。こういうことの繰り返しが、旅をたくましいものにしてくれます。それで節約に成功したら、うまいものをたくさん食べる、それが僕らのやり方です。実際400円のタクシー代を80円にしているだけなのですが。それにしてもメキシコの人々は本当にみんな親切に教えてくれます。

シティーあたりの道が混んでいたこともあって、プエブラバスターミナルに到着した頃に日は暮れました。腹を空かせた時はお互いのストレス信号を確認し合います。僕は最大限の集中力で、市バスで間違えて降りてしまったところから、正しい方向を導き出します。

今日の地味な移動でのハイライトは、長距離バスの画面で流されていたシルク・ド・ソレイユのクーザ公演にお互い一致しました。前にゆっこと他の公演を見たこともあるのですが、いやあほんとによかった。旅はまだ始まったばかりですが、正直な話ここまでで一番の感動でした。はっはっは。

まだ夜の中心部しか見てませんが、プエブラは想像していたよりも賑い大きくて綺麗な街みたいです。焼き物(タラベラ焼き)で有名ならもっと素朴かと思っていたのですが、夜に到着したせいかなんだか横浜みたいな趣きでした。

明日は朝早くからミニバスで近郊のチョルーラへ、アステカ帝国の都市遺跡を見たり、プエブラの街を忙しく散策しようと思います。

ゆっこは退屈が苦手なので、今日のシルク・ド・ソレイユと夕食以外の時間は面白くなかったことでしょう。ようやく到着した後のレストランでアステカスープとキューバサンドがものすごくおいしかったです。





#0210 / modelo especial / cuban sand

at 22:15, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

#3232-0209 グアナファト






見事なシエスタ。





宿のよくある光景。





サカナのフリート。


明日は移動日。メキシコシティーに戻り2時間ほどバスで南下してプエブラに向かいます。グアナファトはのんびりとよい写真が撮れて大満足です。


#0209 / Siesta / Granaditas / Pescado frito

at 20:53, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -

#3231-0208 グアナファト






オラ・ケタル?、今日もグアナファトからブエナス・ノーチェス!

これまでは夏みたいでしたが、ちょっと北上しただけで夜はだいぶ寒いです。宿の部屋ではネットできないのは当たり前、ヒートテックやらを着込んでフリオな廊下で書いてます。

今日はとてものんびり。昼にモーレソースのポジョを食べ、今日は売ってたビールを飲んで、2人で現地の人以上にだらけて昼寝をしました。

メキシコではビールを販売する時間が決められているらしい。夜に売らないのは治安を乱さないためですかね。スーパーでレジまで持っていけてもブザーが鳴って、知らない人は頭を抱えてる感じ、昨日の僕みたいな人を見つけてちょっと嬉しくなりました。なんせ僕たちは常に買えそうな店を今日発見してみせたのですから。

安宿のぼろい部屋を自分たちなりにカスタマイズするのが趣味です。シャワーでトイレが水びたしにならないようにひび割れた扉の穴をガムテープで塞いだり、洗濯ひもをつけて目玉クリップで干したり、臭いがちな靴に石鹸を入れたり中敷きに塗りつけたり、こういう生活的なことも楽しんでいます。
食べ物も合っているせいか、お通じも完全な出来ではないものの、良好を保っております、はい。

今日は町を見渡せる丘に午前中、日没後と2回も登りました。ボリビアのラパスも美しかったし、ここグアナファトもまた教会やらが綺麗でとてもよかった。強風の中で足をふんばりブレないように撮るのが大変(フィルムなんで)でしたよ!

メキシコの人々とのやりとりも、多少言葉を勉強してきたので、向こうが合わせてくれてもくれなくても、それなりに聞き取れる場面が増え、以前の南米旅とだいぶ変わったところです。ゆっこも値段の交渉やらとても上手にやってます。屋台のおっちゃんたちがとにかく陽気で、一言二言だけでも相当楽しいのです。

明日ものんびり昼寝するつもりです。この旅はまだまだ前菜にも入っていない感じ。ゆっくりできるところでは、することがない、を楽しむのであります。





#0208 / Pollo con mole / Guanajuato 2

at 22:24, yusukesato, So

comments(0), trackbacks(0), - -